生態系

生態系とは、一定の地域内に生息する動植物や環境による、食物連鎖や物質循環などを一つの機能とみなしたものです。
すべての動植物は生きるために、その他の動植物と関わり合いだけでなく、大気や水など自らに適した環境が必要です。
例えば、太陽の光を浴びて植物が成長し、それを動物が食べて、その動物の排泄物や死骸は、微生物に分解されて、植物の養分となります。
このように、すべての動植物が他の動植物に支えられ、自らが生きるために最適な環境の中で暮らしています。
これを生態系と言いますが、人間の活動や外来種によってバランスが崩れると、その生態系の中で生活していた生き物たちに大きな影響を及ぼしてしまいます。

生態系の構成

生態系は野生の動植物やそれを取り囲む自然から構成されています。

太陽エネルギー

植物の成長に欠かせない太陽エネルギー。
植物は太陽エネルギーによって光合成を行います。
もちろん、太陽エネルギーは植物だけではなく、すべての生命に必要です。

大気

大気とは地球を取り巻く気体のことを言います。
酸素や二酸化炭素、窒素なども大気になります。
酸素は動植物の呼吸に必要で、二酸化炭素は植物の光合成に必要なものです。

生命の源である水も、すべての動植物に必要と言えるでしょう。
水は液体、気体、個体に姿を変えながら地球を循環しています。

動植物

食物連鎖でつながり、バランスを保ちながら共存しているのが動植物です。
植物は特に大きな役割を果たし、有機物の生命を支える上で重要です。

植物が育つために必要な有機物や無機物を含む、生態系の土台が土です。
微生物が生息する場でもあります。

物質循環の流れ

生態系の中で様々な物質が循環しています。
食物連鎖も生態系における物質の循環だと言えます。
生態系の中で生物は三つに分けられます。
生産者、消費者、分解者に区別され、この中で物質が循環します。
まず、生産者である植物が太陽エネルギーを取り込みます。
植物は餌を必要とせず、光合成のみで成長するため、自然界の生産者と呼ばれるのです。
次に、生産者が作った有機物を動物たちが食べます。
生産者から生み出されたものを動物が食べることから、彼らを消費者と言います。
そして、消費者の排泄物や死体を分解して無機物にする微生物が分解者です。
分解者によって作られた無機物から、植物が栄養素として吸い上げ、再び循環されていくのです。

この他にも、生態系の中で循環するものは多く存在します。
水や大気も循環し、炭素や硫黄のような元素も様々な形で循環します。
これらの循環が止まってしまうと、生態系のバランスが乱れてしまう恐れがあります。

どこまでが生態系なのか

生態系とは、どこからどこまでが生態系なのか、捉え方によって異なります。
砂漠や山、海や川など地理によって区別されることもありますが、この境界が絶対的と言うわけではありません。
小さな湖の中で生きる生物たちによって作られた生態系もあれば、その湖を囲う生物たちによって作られた生態系もあります。
このように捉え方によれば、地球全体が生態系、宇宙全体が生態系と言えるのです。

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク