エコな駅!エコステーションってどこにあるの?四谷や幕張をご紹介

エコな駅!エコステーションってどこにあるの?四谷や幕張をご紹介

今、世の中では様々なエコ技術が取り入れられていますが、エコステの存在をご存じでしょうか。 エコステはエコステーションの略で、つまりはエコが取り入れられた駅、ということです。

エコステとはどのような駅で、どこに存在し、どのような技術が使われているのでしょうか。 日本のエコステをご紹介します。

エコステとは

エコステとは、JR東日本による取り組みで、様々な環境保全技術が導入された駅のことです。 JR東日本は積極的に環境問題へ取り組むことを掲げ、エコステーションの整備を進めています。 エコステは、環境の配慮として4つの柱を掲げています。

まず一つは、省エネルギー化の推進です。 高効率な照明や空調機によって、消費エネルギーの削減を試みています。 次に再生可能エネルギーを積極的に導入すること。 太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーを利用することで、化石燃料に頼らないエネルギー消費を目指しています。

さらに、エコを実感できることも、この取り組みで重視されていることの一つで、待合スペースにエコ表示盤を設置し、駅の利用者がエコを実感できるようになっています。

そして、最後の一つが環境調和です。 これは駅の屋上を緑化することで、ヒートアイランド防ぐ、温度上昇を防ぐ散水装置の設置など、自然や地域との関わりが重視されています。

エコステは所在地と導入技術

それでは、これらのエコステはどこで見られるのでしょうか。 それぞれの駅名と、設備などをご紹介します。

中央線四ツ谷駅

エコステの第1弾は東京の四ツ谷駅が選ばれました。 四ツ谷駅では、LED照明や屋上緑化などが導入されています。 2008年の二酸化炭素排出量から、40%の削減を目標としていましたが、2014年に41%の削減を成功しています。

東北本線平泉駅

岩手県の平泉が2011年の6月に世界遺産に登録された影響により、平泉駅もエコステの対象となりました。 この平泉駅では、晴天の日には太陽光発電と蓄電池を使用することで、駅電力の使用量を賄い、二酸化炭素の排出を抑える「ゼロ・エミッション」を達成しています。 1年間で170日のゼロ・エミッションを目標としていましたが、201日間も達成し、目標を大きく上回る結果を出しています。

京葉線海浜幕張駅

エコステの第3弾として登場したのは、千葉県の海浜幕張駅です。 海浜幕張駅は自らエネルギーを作り出すという意味の「創エネ」として、太陽光パネルや小型風力発電機が設置されています。 また、太陽光採光システムや光ダクトによる太陽光の伝送、地中熱を利用した換気システムなどにより、エコの実感が得られる仕組みになっています。

常磐線湯本駅

福島県の湯本駅は、2015年に新装開業し、エコステとして生まれ変わりました。 ここでは温泉熱を利用した暖房設備、発光ダイオードの照明、太陽光発電設備が導入されています。 また、内装は地元産の木材が使われ、エコの実感や環境調和が図られています。

東北本線福島駅

福島県の福島駅もエコステとして、2015年の3月に生まれ変わりました。 太陽光パネルによる発電、地中熱を利用した空調設備などが導入されています。

東北本線浦和駅

浦和駅は2017年の3月に登場した、埼玉県内では初となるエコステです。 さらに、営業時間や天候、列車ダイヤに合わせて、自動で最適に制御する「エネルギーマネジメントシステム」が国内で初めて導入されています。

信越本線新津駅

新潟県の新津駅も2017年3月にエコステとしてリニューアルされました。 新津駅の一番の特徴は、電車のブレーキ時に発生する回生電力を駅の施設に供給できる「蓄電池付駅舎補助電源装置」が導入されていることです。 これにより活用できなかった回生電力を有効活用しています。

南武線武蔵溝ノ口駅

神奈川県の武蔵溝ノ口駅は2017年の4月からエコステとなりました。 水素エネルギーを利用する「自立型水素エネルギー供給システム」を導入し、駅内の電力が賄われています。

中央本線小淵沢駅

山梨県の小淵沢駅は、国内有数の日照時間を誇る地域であることから、陽光発電設備や太陽熱利用設備が導入されています。 これにより、晴天の日は日照時間帯の消費電力を賄うことができます。

男鹿線男鹿駅

秋田県の男鹿駅は、小型風力発電によるエネルギー供給を行っています。 男鹿の豊富な風力を利用することで、二酸化炭素の削減に成功しています。

さらに増えるエコステ

このように、日本には多くのエコステが存在しますが、これからも各地で導入が予定されています。 今後は、日本一高い場所にある駅とされる、長野県の野辺山駅や、水をテーマとしたエコステとなる予定の群馬県の前橋駅などです。

このような設備が増えることで、二酸化炭素の排出が削減され、より良い世界の実現が期待されます。 もし、お近くにこれらのエコステがあれば、ぜひ一度訪れてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

関連タグ