プラスチック製品への関心は?アンケートによる環境問題の意識を調査

プラスチック製品への関心は?アンケートによる環境問題の意識を調査

今、様々な環境問題が私たちの生活を脅かしています。 中でもプラスチックによる環境汚染は、全世界共通の問題として、広く認知されています。

しかし、実際にはどれだけの人がプラスチックに関する問題を意識しているのでしょうか。 様々な課題について、アンケート調査を行う「マイボイスコム」による、使い捨てプラスチック製品に関するアンケート調査の結果をご紹介します。

環境問題に対する関心は?

こちらはプラスチック製品に関する様々な質問に対し、インターネットによるアンケートを行った結果です。 回答者数は10.237名で、男性が55%、女性が45%となり、年齢は60~70代が31%で、50代が30%、40代が25%、30代が11%、20代が3%となります。

第一の質問は、環境問題にどれくらい関心があるか、というものでしたが、結果は以下の通りとなりました。

あなたは環境問題にどのくらい関心がありますか。
マイボイスコム(株)調べ

「関心がある」「ある程度関心がある」と答えた人は6割強で、その比率は女性や50~70代が高い傾向にありました。 「関心がない」と答えたのは2割弱であることから、多くの人が環境問題に興味を持っていることが覗えます。 温暖化を始めとする異常気象や、プラスチック汚染に関する問題が、様々なメディアで取り上げられることもあってか、環境問題への関心は高まっていると考えられるでしょう。

使い捨てプラスチックに対する意識

それでは、使い捨てのプラスチック製品については、どれだけの人が意識しているのでしょうか。

あなたは、使い捨てのプラスチック製品や容器の利用について、意識する方ですか。
マイボイスコム(株)調べ

「意識する」「まあ意識する」と答えた人は6割弱で、こちらは男性60~70代、女性50~70代の比率が高く、高年代層が意識している傾向にあるようです。 「逆に意識しない」「あまり意識しない」と答えたのは、若年層の比率が高い、という結果でした。

また、どのような使い捨てプラスチック製品を利用するか、という質問に対しては以下のような結果となりました。

あなたが、使い捨てのプラスチック製品や容器で、
普段使うもの・もらうもの(商品についているもの含む)があればお聞かせください。(複数回答可)
マイボイスコム(株)調べ

ペッドボトルは8割弱が「利用する」と回答し、他にも食品トレイやプラスチック製の容器・袋の商品、無料レジ袋など、プラスチックの話題では必ずと言っても良いほど耳にする製品が多く見られます。

また、ペッドボトルや食品トレイ、無料レジ袋などの製品は、使い捨てのプラスチック製品であった方が良いものは何か、という質問に対しても、多くの人が「ペッドボトル」や「無料レジ袋」と答えました。 それだけ、これらのプラスチック製品が便利で、多くの人に使われている、ということがわかる結果と言えるでしょう。

あなたが、使い捨てのプラスチック製品や容器で、
普段の生活においてあった方がよいと思うものがあればお聞かせください。(複数回答可)
マイボイスコム(株)調べ

それでは、アンケートに答えた人々は、プラスチック製品に対して、どのような考えを持っているのでしょうか。

使い捨てのプラスチック製品や容器に関する次のような事柄について、
あなたがそうだと思うことがあればお聞かせください。
マイボイスコム(株)調べ

結果は「使い捨てのプラスチック製品は便利」が最も多く、4割の人が回答しています。 「過剰包装が多い」「焼却時の環境汚染が気になる」など、環境に配慮した回答も数多くありますが、やはりプラスチック製品はまだまだ人々の生活に必要な便利なもの、と認識されているようです。

プラスチック製品に対する取り組み

プラスチック製品に対し、削減を考える人が少ないわけではありません。 使い捨てプラスチック製品に関して実施していること、というアンケートには以下のような回答がありました。

使い捨てのプラスチック製品や容器に関する次のような事柄について、
あなたが実施していることがあればお聞かせください。(複数回答可)
マイボイスコム(株)調べ

「エコバック・マイバックを使う」「有料レジ袋は使わない」「詰め替え用を買う」などを取り組んでいる人は、5~6割と半数以上となり、他にもプラスチック製品を削除するための取り組みと思われるものが多く見られます。

また、今後行いたいことはあるか、という質問に対しても似たような結果が見られました。

あなたが、今後、使い捨てのプラスチック製品や容器に関することで、
取り組みたいと思うことがあればお聞かせください。
現在行っているものは、今後も行いたいかをお聞かせください。(複数回答可)
マイボイスコム(株)調べ

プラスチック製品は便利であったとしても、削減すべきだ、という意識は多くの人が持っている、と考えられます。

プラスチック製品への意識

プラスチック製品は環境を汚染していますが、私たちの生活を支える大変便利なものでもあります。 これを削減するには、多くの人が問題に関心を持ち、意識し続ける必要性があるでしょう。

実際に、多くの人がプラスチック製品に対して意識を持っていることが、このアンケートでは語られています。 さらに多くの人が関心を持ち、多くの人がプラスチック製品の削減に取り組めるよう、ぜひ意識を持ち続けることを忘れないでくださいね。

あわせて読みたい

関連タグ