熱帯林・熱帯雨林がなくなる?森林減少の原因と対策とは

熱帯林・熱帯雨林がなくなる?森林減少の原因と対策とは

熱帯地方で育つ森林、熱帯林は地球にとって重要な役割を果たしています。
熱帯林は地球温暖化を防ぎ、酸素を作り出すなど、人間にとってもなくてはならない存在なのです。
そんな熱帯林が減少と劣化の危機に迫られています。
熱帯雨林が減ってしまう原因とは何なのでしょうか。
熱帯雨林の重要性と、減少の原因を考えてみましょう。

熱帯林・熱帯雨林とは

熱帯雨林という言葉は耳にする機会が多いと思いますが、熱帯林と熱帯雨林に違いはあるのでしょうか。
熱帯林とは寒気でも平均温度が18度以上の熱帯地域に分布する森林のことです。
それに対し、年間の雨が多い多雨地域にある熱帯林を熱帯雨林と呼びます。
熱帯雨林は熱帯林の種類の一つと言えるでしょう。

熱帯林は他にも、乾季のある季節で育つ熱帯季節林や、標高の高い熱帯地域で見られる熱帯山地林などがあります。
熱帯林は環境の維持に必要な森林ですが、毎年、北海道の面積の77%と言える600万ヘクタールが地球上から消失しています。
また、そこに生息する動植物が毎日100種類消滅しているとも言われています。

熱帯林の重要性

それでは、熱帯林は地球にとってどれだけ重要性のあるものなのでしょうか。
森林が二酸化炭素を吸い、酸素を排出することは有名です。
特に南米アマゾンの熱帯雨林は、地球上にある酸素の3分の1を生成していると言われることから「地球の肺」とも呼ばれています。
森林がもたらす恵みは酸素だけではありません。
森林は雨を地下に貯えて徐々に流出させるため、水資源の確保にも役立っています。

他にも、土石流を防ぐ機能や、熱帯雨林であれば肥沃な土壌が雨で流されてしまうことを防ぐ機能などがあります。
また、熱帯林は様々な生物が多く生息していることも、地球にとって重要なことです。
遺伝子資源、という言葉があるように、多くの生物は医薬品や食品、材料やエネルギーとして活躍する可能性があります。
熱帯林は人類に木材を提供してくれますが、それ以外にも多くの資源を提供しているのです。

熱帯林の減少と劣化

熱帯林は消滅と劣化の問題があります。
まず、人口増加による食糧確保のために、熱帯林を農地や牧草地に転用することや、土地の回復力を超えた焼畑耕作が原因で、熱帯林が減少しています。
焼畑農業は森林を焼き払い、灰を肥料にして耕作を行い、土地がやせてしまったら、別の場所で森林を焼き払う方法を取ります。
これは、本来は20~30年のローテーションによって行われますが、頻繁に移動を繰り返すことで、森林が減少しています。

また、森林の劣化については、燃料に使うための木材の接種や建築用材の選択伐採によって質が低下しています。
他にも違法伐採の問題などがあり、森林に大きな打撃を与えています。
これらの問題は人間の活動が原因となる環境問題であり、やがて温暖化や自然災害など人間が苦しむことが予想されます。

熱帯林に対する取り組み

熱帯林の減少に対して、国際的な取り組みが見られています。
1985年には、FAO(国連食料農業機関)による熱帯林の適切な開発と保全を図る「熱帯林行動計画」が採択されました。
その翌年である1986年には、ITTO(国際熱帯木材機関)が設置されます。これは熱帯木材貿易の安定的拡大や、熱帯林の保全や開発を促進するためのものです。
1992年に開催された地球サミット(国連環境開発会議)では「森林原則声明」が採択されました。
これは、世界中の森林に関する問題を各国が協力して解決することを目標にしたものですが、木材が経済資源である開発途上国からの反発もありました。
そのため、法的な拘束力はないが権威ある原則声明、とされています。
しかし、この声明に基づいて「持続可能な森林の管理経営」をキーワードに様々な国際的な取り組みが進められました。
1995年に「森林に関する政府間パネル」が設置され、その後「森林関する政府間フォーラム」など多くの森林保全の促進が行われています。
熱帯林を守ることは地球の環境に大きな影響をもたらします。
私たちも木材が使用されているものは、できるだけ大事に使うことで、環境に役立てることができるかもしれません。
紙や家具などは大事に使い、必要がなくなったときはリサイクルやリユースなど3Rを意識してみてください。

あわせて読みたい

関連タグ