みどりの日とは?意味や由来と昭和の日との関係性をご紹介

みどりの日とは?意味や由来と昭和の日との関係性をご紹介

4月末から5月の頭、多くの人が楽しみにしているゴールデンウィークですが、その祝日の1つである「みどりの日」が、どのような意味や由来があるか、ご存じでしょうか。 実はみどりの日、とても環境について深く考えるきっかけ、と言えるような祝日です。

みどりの日の意味や由来とは、どういうものなのか確認してみましょう。 また、みどりの日がやってくる頃に見られる植物もご紹介します。

みどりの日とは?意味や由来

国民の祝日は、ただのお休みというわけではなく、何かしらの意味や由来があります。 それでは、みどりの日にどのような意味があるのか、概要を見てみましょう。

自然に親しみ感謝する日

みどりの日は、国民の祝日の1つであり、日付は5月4日となります。 1948~1989年までは、4月29日が昭和天皇の誕生日であることから「天皇誕生日」でしたが、1989年1月7日から時代は平成に。 それから、4月29日は天皇誕生日から「みどりの日」に変更されます。

これは、昭和天皇が植物に造詣が深く、自然をこよなく愛したことから、緑にちなむ名前がふさわしい、という由来で命名されました。 国民の祝日に関する法律第2条によると、みどりの日の趣旨は「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことです。 2007年からみどりの日は5月4日へ移動。4月29日は「昭和の日」となりました。

「みどりの週間」と「みどりの月間」

みどりの日が4月29日だったころ「みどりの週間」が存在していました。 これは4月23日~4月29日に定められ「みどりの日の趣旨を広く普及し、緑豊かな自然と国土の形成及び国民生活の向上に資すること」が目的です。 期間中は地方公共団体や一般の協力を得て、みどりに関する行事が全国的に実施されていました。

みどりの日が改正されると、みどりの週間が廃止され、4月15日から5月14日が「みどりの月間」と定められます。 これは、みどりの日について国民の関心と理解を一層促進して、みどりについて国民の造詣を深める期間です。 この期間は、今まで以上に身の回りの自然に関心を持ってみましょう。

みどりの日は国公立公園が無料開放

みどりの日は、国民が自然に親しむため、さまざまな行事が各地で実施されています。 その中でも驚くべきことは、国公立公園が無料開放されることです。

ゴールデンウィークは出かけることも多く、出費も重なるため、みどりの日だけでも無料で楽しめる場所があると、大変助かることではないでしょうか。 どのような施設が無料開放されるのか、具体的なものは、以下の通りになります。

  • 北海道大学植物園
  • 仙台市野草園
  • 筑波実験植物園
  • 国営武蔵丘陵森林公園
  • 上野動物園
  • 多摩動物公園
  • 井の頭自然文化園
  • 葛西臨海水族園
  • 小田原フラワーガーデン
  • 大阪市立大学理学部附属植物園
  • 沖縄熱帯ドリームセンター

これらは、あくまで一例となりますので、自然に関する施設が身近にあれば、みどりの日に無料開放されていないか、確認してみましょう。 また、すべての国公立公園が無料開放になるわけではなく、例外があり、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって、変更される恐れもあります。

もし、お出かけを検討するのであれば、事前にお問い合わせの上、感染状況や対策に十分注意して外出しましょう。

みどりの日の前後に見られる植物

みどりの日は、せっかくなら身近な緑を感じたいところです。 みどりの日の前後に見られる植物は、どのようなものがあるのでしょうか。

ハナミズキ

4月下旬~5月上旬に、白や薄いピンク色の花をつけるハナミズキ。 ミズキ科の落葉花木で高さは10メートルほど。 ハナミズキは庭木の他、街路樹として利用されるため、散歩に出たときでも見られるかもしれません。 ちなみに、ハナミズキは秋になると紅葉を始め、真っ赤に染まる特徴があることから、5月以外の季節でも楽しめる植物だと言えるでしょう。

ライラック

ライラックは、4~5月に白や紫色の花を咲かせ、香りが良いことから、香料の原料としても使われる、ヨーロッパ原産の落葉花木です。 耐寒性が強い、という特徴があり、冷涼な地域の庭園木として知られます。 そのため、北海道や東北北部、本州の高原地帯などで栽培が適切とされています。 北海道では公園木や街路樹としても植えられることも。花言葉は「友情」「思い出」「大切な友達」などです。

フジ

フジは、マメ科フジ属のつる性落葉木本で日本の固有種として有名です。 花は4~6月に見られ、総状花序が枝の先端に出て下に垂れるように伸びることが特徴。 フジが咲き並ぶ様は「藤棚」と呼ばれ、東京だけでも、日比谷公園や日枝神社など、多くの名所が知られています。

スズラン

スズラン亜科スズラン属に属する多年草、スズラン。 別名では、君影草(きみかげそう)、谷間の姫百合(たにまのひめゆり)と呼ばれます。 スズランの開花期は5~6月で、ひっそりと咲く小さな花がとても可愛らしい、という特徴があります。

サツキ

サツキはツツジ科ツツジ属に分類され、盆栽などで親しまれています。 5~6月に花を咲かせ、山奥の岩肌などに自生します。 丈夫であるにも関わらず、花が美しいことから、育てやすいことでも知られています。

みどりの日を機会に自然の大切さを考えよう

人は、自然からさまざまな恩恵を受けて生活しています。 それを生態系サービスと言って、私たちが生活を続けるために重要なものですが、人による環境破壊が、それを失わせてしまうことが多々あります。 そのような過ちが繰り返されないよう、みどりの月間、特にみどりの日は、自然に親しみ、その重要性を改めて考え直してみてはいかがでしょうか。

関連記事

あわせて読みたい

関連タグ

  • この投稿に「関連タグ」はありません

カテゴリー

人気の記事

  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク