エアコンを処分する前に!気になる費用や適切な方法とは?

エアコンを処分する前に!気になる費用や適切な方法とは?

現代の生活に欠かせない家電とも言えるエアコン。
買い替えや引っ越しの際に、どのように処分すべきか困ってしまう家具や家電がありますが、エアコンもその一つではないでしょうか。
しかし、こういうものを処分するときに限って、スケジュールに余裕がない、なんてことがほとんどです。
スムーズかつ適切に、そして損することなくエアコンを処分するには、どうすれば良いのでしょうか。

エアコンの取り外し

エアコンを処分する前に気になることと言ったら、エアコンをどうやって取り外すのか、ということではないでしょうか。
エアコンを取り外すには、ドライバーやニッパー、六角などの道具を使います。
インターネットで外し方を紹介しているサイトもあるので、参考にすれば自身でエアコンを取り外せるかもしれません。
しかし、一歩間違えると大変なことになってしまう恐れがあります。
手順を間違えると、室外機のコンプレッサが破裂するなど大変な事故が起こることがあるのです。

そのため、専門の業者にお願いすることが、一番安全な方法でしょう。
最近ではエアコンの取り付け、取り外しを専門とする業者も増えていますので、簡単に手配できます。
また、引っ越しの場合、エアコンを処分せずに新居でも利用する場合があると思います。
そういった場合は、引っ越し業者に依頼することも可能です。
なぜなら、引っ越し業者がエアコンの取り外し業者と提携していることがあるからです。
多くの引越し業者がオプションとして、エアコンの取り外しを対応していますので、あらかじめ対応が可能か確認しましょう。

エアコンは家電リサイクル法の対象

それでは、エアコンの捨て方についですが、まず大きなゴミは粗大ゴミとして回収することが考えられます。
しかし、エアコンは粗大ゴミとして処分することはできません。
なぜなら、エアコンは家電リサイクル法の対象となる家電だからです。
家電リサイクル法は、貴重な資源を少しでも有効に活用するために作られた法律です。
エアコンなどの家電には、大切な資源が含まれているため、適切に処分して再利用する必要があるのです。
そのため、家電リサイクル法の対象となる家電は、処分する際にリサイクル料金を支払い、適切に回収する必要があります。

リサイクル料の支払い方

リサイクル料金の支払いについては、主に二つの方法があります。

料金販売店回収方式

エアコンを処分するためにリサイクル料金を支払う必要がありますが、それにはまず家電リサイクル券を購入する必要があります。
しかし、家電を販売しているお店にリサイクル券を用意してくれるケースがあります。
それが、この料金販売店回収方式を利用した場合です。
例えば、新しいエアコンに買い替えるときは、料金販売店回収方式がスムーズです。
新しいエアコンを購入するお店にお願いすれば、リサイクル券の用意と記入する手間が省けます。
あとは料金を支払うだけで、古いエアコンを回収してもらえます。
また、エアコンを購入したお店に依頼することも可能です。
販売店は家電リサイクル法によって、エアコンなどの廃棄家電を受け取り、製造業者に引き渡す義務があるからです。
こちらの場合もリサイクル券の用意や記入はお店側が対応してくれるため、料金を支払うだけで問題ありません。

料金郵便局振込方式

買い替えをするのではなく、廃棄のみの場合で、しかもエアコンを購入したお店が分からない場合は、料金郵便局振込方式を利用する必要があるかもしれません。
料金郵便局振込方式の場合は、郵便局やゆうちょ銀行まで行って、リサイクル券に必要な記入を行い、料金を支払います。
そして、リサイクル券を処分するエアコンに貼り付けて、指定取引場所まで運ぶ必要があります。
指定取引場所は以下のサイトからお探しいただけます。

参考:これで解決家電リサイクル 最寄りの指定引取場所

その他のエアコンの処分方法

これら以外にもエアコンを処分する方法があります。

自治体による回収

地域によっては自治体による家電リサイクル収集のサービスを行っています。
また、自宅まで職員がエアコンを回収にきてくれることも魅力です。
この場合も自治体がリサイクル券を発行してくれるため、記入の必要がなく、料金のみ支払うだけで問題ありません。
ただし、エアコンの取り外しのサービスは行っていませんので、事前に取り外し業者に依頼をしておく必要があります。

不用品回収業者

不用品回収業者であれば、手間なくエアコンを回収してもらえます。
日時や場所も指定できることが、不用品回収業者に回収してもらうメリットと言えます。
回収されたエアコンは海外でリユースされ、再び活用されます。
以下の写真は海外でエアコンがリユースされている様子です。

不用になったものが海外でリユースされるのであれば、資源を無駄にすることがないので、少し環境のためになった気分になりますね。

買取サービスを利用する

家電の買取サービスに連絡して、エアコンを買取してもらうこともできます。
状態が良く、製造からそれほど年月が経っていないものであれば、高価格で買取対応してもらえる場合もあります。

状況に合った方法で処分しましょう

エアコンの処分については、様々な方法があります。
ただ処分するだけの場合と、買い替えの場合では、処分方法も異なるでしょう。
その他にも、短期間で処分したい場合も考えられます。
そのため、ご自身の状況によって、処分する方法は適切なものを選ぶと良いでしょう。
ぜひ、エアコンを処分する際は参考にしてみてください。

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク