釣りを趣味で始めるには?知っておきたい釣り具や有名メーカー

釣りを趣味で始めるには?知っておきたい釣り具や有名メーカー

釣りを趣味にしようと思っても、何から始めればいいのか、わかりませんよね。 まず、どんな釣り具をそろえて、どこで釣りを始めればいいのでしょうか。

そんな釣りを始める前に、知っておきたいことをご紹介します。 また、釣り具をそろえるなら、まずは中古品を探してみましょう。

釣りを始めよう!用意すべき釣り具とは

釣りを始めるには、もちろん釣り具が必要です。最低限、そろえておきたい釣り具とは、どんなものがあるのでしょうか。 釣りを始めるために、用意したい釣り具をご紹介します。

竿・ロッド

釣り竿、またはロッドは釣りをする上で、必須と言える道具です。

釣り竿は、魚がかかったとき、強い力で引っ張られることから、強度と柔軟性が必要になります。 また、竿・ロッドは釣り場や対象魚によって、モデルが異なります。 磯や岩場で使用する、磯竿。投げ釣りに使用する、投げ竿。川釣りで使用されることが多い、延べ竿。他にも、汎用性の高い万能竿などもありますが、釣り場や対象魚を決めて、それに合った竿・ロッドを選びましょう。

リール

リールにも様々な種類があり、それぞれの特徴があります。 リールは大きく分けると、スピニングリールとベイトリール(ベイトキャスティングリール)があります。

スピニングリールの方が遠投ができる、ベイトリールの方が感度がいい、などの違いがありますが、糸絡みのトラブルが少なく、扱いやすいのはスピニングリールだと言えるでしょう。

ルアーや釣り針などの仕掛け

魚を釣るにはルアーや釣り針も必要ですが、やはりこれにも多くの種類があります。 ルアーだけでも、ミノーやクランクベイト、シャッドなどのタイプが存在します。

ルアーは対象魚が生息するレンジ(深度)やサイズを目安にして選びましょう。 なぜなら、ルアーによって、表層、中層、低層などレンジが異なり、対象魚が食べる餌の大きさとマッチしていなければ、食いついてもらえないからです。

その他あると便利なもの

その他にも、釣り場へ行くときに用意しておくと便利なものがあります。 例えば、タオルやハサミ、ゴミ袋があると非常に便利です。 夏ならば帽子や飲み物、冬であれば防寒具も必須です。

有名な釣り具メーカー

釣り具を取り扱うメーカーも様々です。ここでは、釣り具を取り扱うメーカーの中でも有名なものをご紹介します。ぜひ、釣り具選びの際に参考にしてください。

シマノ

シマノは1921年、堺の鉄工所職人だった島野庄三郎が創業した、アウトドアスポーツメーカーで、1970年から釣り具の業界に参入しています。 特徴としては、高い耐久性が挙げられます。リールやロッドの軽量化が進む中、シマノは耐久性を犠牲にするのであれば、軽量化はしない、という方針を取っています。

この耐久性は釣り具を長く使う人々から強く支持され、北米やオーストラリアでも高い評価と高いシェア率を獲得しています。

ダイワ

ダイワは、グローブライド株式会社の釣り具のブランド名です。 創業時の1955年から、釣り用リール製造に着手し、それから釣り具の開発に携わっています。

ダイワの特徴は、先進工学に強みを持ち、釣り具に先進技術を導入し、トレンドをいち早く取り入れることで、常に業界に影響を与えています。 リールやロッド以外にも、エサや針などの小物類にも力を入れている、という側面もあります。

メガバス

メガバスは、1986年に設立された、ルアーを中心に釣り具を販売するメーカーです。 日本で最も人気を得ているメーカーの一つで、アメリカやロシア、イギリスなどでも高く評価されています。

メガバスのルアーはデザイン性が高く、リアルな造形とカラーリングは、放っておいても魚が食らいつきそうなほどです。 見た目だけでなく、実用性の高さから、大きな信頼を勝ち取りました。また、ルアーの他にも、ロッドも高い人気を誇ります。

釣り場を決めよう!まずは「ちょい投げ釣り」から

釣り具をそろえたら、さっそく釣りを始めたいところですが、初心者はどのようなスタイルが入りやすいのでしょうか。 それは「ちょい投げ釣り」です。

ちょい投げ釣りとは、その名の通り、釣りの仕掛けをちょいと投げて、魚を釣るスタイルです。 堤防や漁港などで、足場近くの魚を狙う釣りであることから、初心者や家族だけでも楽しめます。 難しいことはなく、シンプルな仕掛けでも様々な魚が釣れるため、気軽に楽しめるでしょう。

また、始めて間もないころは、遠方ではなく、できるだけ自宅から近い場所を選ぶことがおすすめです。 なぜなら、釣りは帰ってからの後片付けも大変で、それだけでかなり疲れてしまうからです。

他にも、漁港など釣りを禁止している場所もあるので、そういった場所ではないか、ということも注意しましょう。

釣り具をそろえるなら中古品を検討しよう

釣りは大変奥深く、始めるためにも、たくさんの知識が必要ですが、この記事が参考になればと思います。 また釣り具は決して安価なものではなく、そろえるだけでも大変かもしれません。

もし、資金の問題で趣味を諦めるしかない場合は、まずは中古・リユース品の釣り具を探してみるのはいかがでしょうか。 中古・リユース品であれば、比較的に安く手に入ることはもちろん、処分されてしまうかもしれない釣り具を、再び役立つ道具として復活させることにもなります。

限られた資源の中、生活する私たちにとって、そのような中古・リユース品を活用することは、とても大切なことです。 釣り具を探す際は、ぜひご検討ください。

釣り具の中古品・リユース品を探すならユーズドネット

あわせて読みたい

関連タグ

  • この投稿に「関連タグ」はありません

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク