デジタル遺品整理とは?必要性とトラブルにならないための注意点

デジタル遺品整理とは?必要性とトラブルにならないための注意点

故人が残した遺品を整理することを「遺品整理」と言いますが、最近では「デジタル遺品」という言葉もあります。
デジタル遺品についても、立派な財産であり、それをどう扱うのか、ということは大切なことです。
デジタル遺品とは、どのようなものを指し、どのように整理すべきなのでしょうか。
デジタル遺品の整理について、考えてみましょう。

デジタル遺品とは

デジタル遺品とは、パソコンやスマートフォン、インターネット上に故人が残したデータになります。
最近は多くのものがデジタル化されています。
昔はアルバムやビデオテープとして残されていたものが、すべてパソコンで保存できるようになりました。
それだけではなく、インターネットバンクや株券の電子化などもあります。
そのため、多くの想い出や遺産がデジタルで保存されていることがあるのです。

これらは、本人しか知らないパスワードで閲覧できないものも数多くあることでしょう。
それを整理せずに、パソコンやスマートフォンを処分してしまうと、大切な想い出や遺産が失われてしまったり、個人情報の流出につながったりと、いくつかの危険が考えられるのです。
このようなことが起こらないためにも、デジタル遺品をしっかりと管理する必要があります。

デジタル遺品の種類とトラブル

それでは、デジタル遺品には、具体的にどのような種類があるのでしょうか。

口座や株券

インターネット上で管理されている口座や株券などが、デジタル遺産としてイメージしやすいものの一つでしょう。
これらは家族から発見されにくいこともあり、後々のトラブルになってしまう恐れがあります。
FXによる資産運用の場合など、負債が発覚することもあるのです。

SNSやブログ

最近ではSNSに登録されている人が多いでしょう。
これらも故人の想い出となりますが、悪意のある誰かに乗っ取られる恐れもあります。
それにより、故人やその家族を傷付けるような嘘や情報を配信され、変な噂が出回ってしまう、なんてこともあるでしょう。
SNSやブログのアカウント管理も非常に重要になります。

ハードディスク内のデータ

パソコンやスマートフォンに保存してある写真や文章などもデジタル遺産の一つです。
家族との想い出となるデータの他にも、個人的な趣味として集めたものもあるでしょう。
故人が誰にも見られたくない、と思っていた画像などが、家族の目に触れてしまったことで大きな混乱が生まれる恐れもあります。

デジタル遺品は生前整理が大切

デジタル遺産によるトラブルが起こらないためにも、生前の整理が大切です。
インターネットバンクや株券のパスワード情報をしっかり控えておいて、残された家族が名義変更や解約の手続きができるようにしましょう。
SNSやブログについても同じことが言えます。
パスワードを控えておき、もしものことがあったら、家族に閉鎖の告知やアカウントの削除を家族が行う必要があります。
もし、自分自身が残すデジタル遺産の扱いを考えているのであれば、パソコンやスマートフォンにある画像やデータをどう整理するか考えておきましょう。
ちょっと家族にも見せられない画像やデータがある場合は、定期的にパソコンやスマートフォンの整理を心がけましょう。
一定期間パソコンにアクセスがないとデータを削除するソフトもあるため、それを利用するのも一つの手段です。

デジタル遺品整理の専門業者

パソコンやスマートフォンは個人情報の塊です。
そのため、データをしっかり削除しないで、それらを手放したことで、個人情報や大切なデータが流出してしまう恐れがあります。
しかし、これらの削除方法や、デジタル遺品の取扱いが難しい場合は、デジタル遺品の専門業者に相談してみるのも良いでしょう。
デジタル遺品の専門業者なら、保存されている写真の移行やパスワードの管理、解約の手続きなども依頼が可能です。
もし、デジタル遺産のことでお悩みなら、一度ご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら

関連タグ

  • この投稿に「関連タグ」はありません