グリーンランドの氷が急激に溶けている?進む温暖化の影響か

グリーンランドの氷が急激に溶けている?進む温暖化の影響か

グリーンランドの氷が急激に溶けていることをご存知でしょうか。
地球温暖化によって、多くの自然がバランスを崩し、その姿を保てずにいます。
グリーンランドの氷もその一つだと言えますが、もし氷が溶けてしまった場合、何が起こるのでしょうか。
グリーンランドの氷について考えてみましょう。

グリーンランドとは

グリーンランドは、北アメリカ大陸の北、北極海と北大西洋の間に位置する、世界最大の島です。
北極に非常に近いことから、夏は涼しく冬は非常に寒い地域です。
グリーンランドという名前は、「赤毛のエイリーク」で知られる、ノルウェーの探検家、エイリーク・ソルヴァルズソンが命名。
その由来は、彼が以前に発見した「アイスランド」が、その名前からか入植希望者が現れず、新しく発見した島には入植者が現れることを願って「緑の島」と名付けたそうです。
由来は他にも、グランドアイランドが訛った、その頃には島に緑が溢れていたから、などの説があります。

グリーンランドの最大の特徴と言えば、島のほとんどが万年雪と氷床に覆われていることです。
その割合は島の80%を占め、居住区は沿岸部のみに限られています。
そんなグリーンランドの氷ですが、地球温暖化の影響を受けて、溶けていることが話題となっています。

氷が急速に溶けている

2012年の7月は、北極圏で異例の高温が続きました。
そのとき、グリーンランドを覆う氷床の表面が、たった4日間で97%も溶けてしまう、という現象がありました。
これは、グリーンランドのすべて氷のうち97%が溶けてしまった、という意味ではなく、97%の氷に表面が溶けるという現象が見られた、という意味です。
それでも、これは今までにない現象であり、多くの人を驚かせるものでした。

グリーンランドの氷に異常があったのは、これだけではありません。
グリーンランド北部沖の海には、その寒さによって凍り付いた地域があります。
そこの氷は、厚さも20メートル以上のものがあり、地球温暖化の影響を受ける様子がないことから、最後の砦とまで言われてました。
しかし、2018年の8月、その氷に多数の亀裂があると確認されたのです。

グリーンランドの氷が溶ける、ということは、ただ温暖化の進行が確認されたわけではありません。
これが悪化してしまうことで、さらに恐ろしいことが起こるとも考えられるのです。

グリーンランドの氷が溶けたら

グリーンアイランドの氷が溶けることで、まず考えられる影響は、生態系への被害です。
既に予測されているのは、ホッキョクグマが絶滅してしまうこと。
ホッキョクグマは、アザラシを主食としていますが、狩りの方法は、氷を掘ってアザラシの巣穴を見つける、というものです。
そのため、温暖化によって氷が減少してしまうと、ホッキョクグマは狩場を失い、やがて絶滅してしまうと言われています。

もう一つ、グリーンランドの氷が消滅することで考えられる影響は、海面の上昇です。
当然のことですが、氷が溶けてしまうと水になります。
グリーンランドの氷が溶けるということは、たくさんの水が発生します。
その水は地球全体の海面を約7メートル上昇させると言われるほどの量です。
そうなってしまえば、世界中にある沿岸部の都市が失われてしまうことになり、沈んでしまう島もあるに違いありません。
また、そういった都市は輸出入が盛んであることが考えられ、それらの都市が失われることの影響は計り知れません。
まさに世界的に大きな被害が出ることになるでしょう。

今の世界を持続できるか

地球温暖化が進んでしまうと、私たちは今のような生活を続けられないかもしれません。
温暖化で食べられないものが出てきたり、居住の場所も限られたりするでしょう。
それは、多くの幸福が失われるに等しいことかもしれません。
今の生活を持続するため、SDGsのような目標が国際的に定められています。
また、パリ協定のような取り組みもあります。
しかし、これらの取り組みは私たちのような一般の消費者が意識しなければ、達成することはできないでしょう。
もし、環境に関する取り組みが身近な環境で行われているようでしたら、是非意識を傾けてみてください。

あわせて読みたい

関連タグ