人類が知る最高の山はオリンポス山!世界と日本で2番目の山は?

人類が知る最高の山はオリンポス山!世界と日本で2番目の山は?

「世界で1番高い山はどこ?」とクイズを出されたら、多くの人が迷うことなく「エベレスト!」と答えることでしょう。 しかし「人類が知りうる中で一番高い山はどこ?」と聞かれたら、何と答えるでしょうか。

また「世界で2番目に高い山は?」や「日本で2番目に高い山は?」という質問も素早く回答できる人の方が少ないのではないでしょう。 それでは、これらの問題に対し、どのように答えるべきなのか…そんな山のちょっとした豆知識をご紹介します。

太陽系で最も高い山「オリンポス山」

人類が知りうる中で一番高い山…それは、地球上にはありません。 それでは、どこにあるのかと言えば、火星にある山なのです。 その名をオリンポス山と言い、太陽系で一番高い山だと言われています。

どれくらい大きいのかと言えば、標高約27,000メートル。 エベレストは標高8,848メートルなので、その約三倍の大きさを誇るのです。

なぜ、オリンポス山はこれだけ大きい山になったかと言えば、火星ではプレート移動が起こらないことから、ホットスポットの上に火口がたまり続けたため、と考えられているそうです。 長い間、死火山と思われていましたが、2004年12月にドイツの研究チームが、240万年ほど前に噴火した形跡を発見し、この先にも噴火の可能性があると発表しました。 エベレストよりも高い山が存在するとは、宇宙の広さを思い知らされますね。

世界で2番目に高い山は?

エベレストよりも、高い山があるとは驚きですが、それならエベレストの次に高い山はどこにあるのか、気になってしまいますよね。 世界で2番目の高さと言われる山は、パキスタンと中国ウイグル自治区との国境に存在します。

それは、カラコルム山脈にある、K2(ケーツー)と呼ばれている山です。 名前の意味は「Karakorum No.2」の略であり、つまり「カラコルム山脈測量番号2号」という意味です。 高さは8,611メートルで、エベレストに比べると、230メートルほど低いことになります。

世界で2番目に高いにも関わらず、人里離れた奥地に存在していたため、19世紀末までその存在は殆ど知られず、名前すらなかったそうです。 ちなみに、気候条件、雪崩や滑落など危険性はエベレストよりも厳しいことから、世界で1番登ることが難しい山だと言われています。

日本で2番目に高い山は?

そう言えば、よく聞く言葉で「誰もが日本で1番高い山は富士山と知っているが、2番目の山は知らない人が多い。それだけ、1番と2番には差があるのだ」といったものがあります。 だとしたら、日本で2番目に高い山のことも気になってしまいますよね。

それは山梨県南アルプス市にある、北岳(きただけ)です。 北岳の標高は3,193メートルで、富士山の3,776メートルよりも580メートルほど低いことになります。

北岳は、飛騨山脈の槍ヶ岳や穂高岳と並んで、登山者から人気があり、ライチョウやホシガラス、ニホンカモシカなど珍しい動物も生息しています。 植物についても、固有種であるキタダケトリカブト、キタダケキンポウゲなどが自生しています。 これだけの情報でも、富士山に劣らない素晴らしい山であると想像できますね。

意外と知らない山のこと

このように、エベレストや富士山は広く知られていますが、太陽系で1番大きい山や世界で2番目の山と言われると、知らないことが多いですね。 もし誰かが貴方に一泡吹かせてやろうと「世界で2番目の山は?」「日本で2番目の山は?」とクイズを出してきたとしても、問題なくK2や北岳と答えられますね。 むしろ、逆に「太陽系で一番大きい山は?」と反撃もできるでしょう。

ちなみに、世界のトップ5の山は以下の通りです。

  • エベレスト
  • K2
  • カンチェンジュンガ
  • ローツェ
  • マカルー

日本のトップ5はこちら。

  • 富士山
  • 北岳
  • 奥穂高岳
  • 間ノ岳
  • 槍ヶ岳

万が一のため、覚えておくといいかもしれませんね!

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク