バッタが大量発生!食料危機をもたらす蝗害の被害や原因とは?

バッタが大量発生!食料危機をもたらす蝗害の被害や原因とは?

この世界には、災害により作物が失われてしまい、食料不足に陥ることがあります。 災害と言えば、大雨や台風、日照りなどが想像されますが、虫の大量発生もその一つです。

実際に、2020年の2月、アフリカのソマリア政府はバッタの大量発生により、国家非常事態を宣言したほどです。 バッタの大量発生による災害、蝗害(こうがい)とはどのような被害をもたらすのでしょうか。

バッタが大量発生で食糧危機!蝗害とは?

2020年の2月、東アフリカでバッタが大量発生しました。 あらゆるものを食べ尽くすバッタは、農作物に大変な被害をもたらし、ケニアやエチオピア、ソマリアで食糧危機を引き起こしました。

このような、バッタ類の大量発生による災害を蝗害と言います。 日本ではあまり見られない現象ですが、蝗害は古くから世界中で恐れられている災害です。 中国やヨーロッパでは、紀元前から蝗害による被害の記録があり、神の仕業として例えられることもありました。

そんな蝗害が2020年も猛威を振るいました。東アフリカで発生したのは、サバクトビバッタという種類で、いくつもの国で被害が出ています。 東アフリカから被害は拡大し、パキスタンやインド、中国まで広まりつつあります。 この状況に対し、中国は専門家を国境地域に配置して観測を強化、侵入防止策を準備しています。

バッタが増える蝗害の原因とは?

なぜ、バッタが大量発生してしまったのでしょうか。 それは、繁殖環境の変化が大きく関わっています。

普段は単独行動を好むバッタは「孤独相」と言われますが、環境の変化によって、集団行動を取る「群生相」になります。 この変化を「相変異」と言い、蝗害と大きな関りを持つのです。 相変異は、砂漠では珍しい大雨があると起こります。 普通であれば、乾燥地では雨が少ないため、バッタの餌となる草はすぐに枯れてしまい、彼らは新しい生活の場を求めて旅立ちます。

しかし、大雨が降ると、草が枯れずに残る期間が長く、高い繁殖力を持つバッタは数世代連続で生まれるのです。 そして、仲間が多くなったバッタは別の個体との接触が多くなり、この刺激が相変異を起こさせます。 孤独相から群生相に相変異したバッタは、翅が長くなり、色も変化し、群れて行動するようになるのです。

2020年も、気候変動によってインド洋の海面温度が上昇し、多くの雨やサイクロンが発生したことが、サバクトビバッタの大量発生につながった、と考えられています。

蝗害対策は?バッタを食料に?

大量発生し、農作物をあっという間に食い尽くしてしまう蝗害ですが、どのような対策が取られているのでしょうか。 蝗害対策は、国際連合食糧農業機関(FAO)という世界の飢餓撲滅や食料生産の改善を目的とした、国連の機関によって行われています。

各国により、殺虫剤でバッタを駆除するにも、1日で150キロを移動するため、結果はいまいち…。 そのため、最新鋭のドローンを使い、大群を追跡して殺虫剤を撒く計画も立ち上がっています。

このバッタの大量発生…流行りつつある(?)昆虫食で解決できないか、と考えた人も多いのではないでしょうか。 しかし、このサバクトビバッタは1km2の中に、約4,000万匹も発生しているため、捕らえることも難しければ、とても食べられる量ではありません。 また、バッタは外骨格や足が硬く、消化に悪いことから、処理も大変であまり昆虫食に向いていないのだとか…。 蝗害だけでなく、災害対策はどれも困難なものばかりですね。

蝗害は自然の猛威

このように、蝗害はとても恐ろしい自然の猛威です。 これら災害は環境問題との関係も指摘され、人間が自然のバランスを崩してしまうことで、頻繁に起こってしまうとも言われています。

私たち一人一人が環境問題に対して、大きな変化をもたらすことは難しいことです。 しかし、すべての人が無関心でいたら、環境問題は悪化するばかりでしょう。 ぜひ、少しずつでも自然やエコに関する意識を高め、環境の改善を目指しましょう。

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク