空の色が紫やピンクに?奇妙な現象の原因は何か

空の色が紫やピンクに?奇妙な現象の原因は何か

日が沈むころになると、空は美しいオレンジ色に変化し、なんだか懐かしい気持ちになりますよね。 しかし、そんな夕焼けの空が、紫やピンクのようなちょっと変わった色に変化することもあるようです。

空が紫やピンクのような珍しい色に変化してしまったら、何事かと不安になってしまうところですが、どんな原因があるのでしょうか。

空が紫色に染まる?一体何が

2020年11月25日の午後6時半ごろ、千葉市で紫に染まった空が撮影されました。 その様子が動画投稿サイトにアップされると、ネット上で話題になり、多くの人が驚きの反応を見せました。 この動画を見た気象予報士の方は、何らかの光が雲に反射したのではないかと推測しましたが、千葉市の観光協会は「把握している限り光を使ったイベントなどは開催されていない」と否定。

謎の現象に誰もが首を捻ることになりましたが…しばらくして有力な情報が舞い込みました。 それはミニトマトを栽培する会社のスタッフによるもので、紫色の光は日照時間を補うために使用していたLEDライトだ、というものです。 甘いトマトを作るため、成長を促すライトを使っていたようで、近隣の住人にも理解してもらった上でのことでした。

このように、空の色が珍しい色に変化すると驚く人も多いかと思いますが、人工的な光を使用した場合以外にも、空が紫やピンクなどの色に変化することはあるようです。

参考:FNNプライムオンライン どうして?空が「紫色」に!ネットざわつく意外な理由(現在記事は削除されています)

台風の前後に空が紫やピンクに染まることも

空が紫やピンクなど珍しい色に変化することは、台風の前後によく見られる現象です。 2018年10月、アメリカのフロリダ州レイク群の空が紫色に染まったのも、その例です。 こちらは、大型のハリケーン「マイケル」が上陸した後に、紫色に変化したため、その影響が強いと考えられています。

日本でも似たような事例があります。 2019年10月、日本に甚大な被害をもたらした台風19号。その上陸前夜、日本の空が紫色に変化し、話題になったのです。 これを見た人々は、台風が上陸する前日ということもあり、まるで終末のようだと、SNSで騒がれたほどでした。

この現象はLEDライトによるものではなく、自然的な現象であり、紫だけでなくピンクに変化することもあるようです。 何が原因で、空の色が紫やピンクに変化するのでしょうか。

関連記事

空が紫やピンクに染まる原因は?

この現象はなぜ空の色は青いのか、という疑問に近しいものがあるでしょう。 空の色は光の波長と空気中の水分量が大きく関係しています。

太陽の光は、実は何種類かの色の光が混じっています。 紫、青、緑、黄、オレンジ、赤などの色がありますが、これらは波長が異なり、左から短い順番になっています。 波長が一番短い紫色は、私たちの目に届くよりも先に空の高い場所で散乱してしまうことから、次に長い青が目に映ることに。 夕方になると、太陽が遠くになることから、私たちの目には波長の長いオレンジや赤の色が映ります。

しかし、空に薄い雲がかかっていると、上空に存在する青が雲の中で散乱し、赤と混ざることで、紫やピンクとった色に変化するのです。 つまり、台風の前後は空気中に水蒸気が多いことから、このような現象が起こりやすいと考えられます。 空の色が紫やピンクのような珍しい色だからと言って、必ずしも台風が上陸するとは限りませんが、雨が降るかもしれないと警戒した方が良いかもしれませんね。

紫に変色する以外にも空の不思議はたくさん

空はいつも私たちの頭上に広がり、それは当たり前のようで、見上げることが少ないかもしれません。 たまには空を見上げると、色が紫やピンクになるなど、不思議な現象を目にすることもあるでしょう。

なぜなら、空に現れる不思議な自然現象はこれだけではないからです。 ぜひ、たまには空を見上げて、自然の神秘を探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク