台風がきたら準備すべきものは?窓や食糧の対策を考えよう

台風がきたら準備すべきものは?窓や食糧の対策を考えよう

台風15号や台風19号など、2019年の日本は台風による被害を多く受けました。 台風は私たちの生活を脅かすほどの災害であり、命を守るためにも様々な対策が必要です。

代表的なものは、窓の補強や食料の備蓄が挙げられますが、他にはどんなことを準備すべきなのでしょうか。 それでは、台風の準備や対策について確認しておきましょう。

非常用品や食料を準備しよう

大規模な台風が訪れた場合、電気や水道などライフラインが断絶される恐れがあります。 事前の準備が大切ですが、どんな対策が必要になるのでしょうか。

電気が止まる前の準備

まず、電気が止まってしまったことに備え、懐中電灯の準備は必須です。 電池も多めに準備すると安心です。

ロウソクも灯りを確保できますが、火事のきっかけになってしまうこともあるので、懐中電灯が安心です。 また、電気が止まってしまうと、台風の情報を得ることが難しくなります。 スマホの充電も常に100%にしておくよう心掛け、テレビが映らなくなることも想定して、手回し式充電ラジオも用意しましょう。 スマホについては、モバイルバッテリーも準備しておくと安心です。

水道が止まる前の準備

水が使えないことは、人間の生活にとって致命的になります。 水道が使えなくなると、飲み水の確保が難しくなることはもちろん、生活用水が得られないことも、かなり不便を強いられます。

事前に飲み水を準備しておくこと、お風呂に水を溜めておくことで、生活用水の準備ができます。

食料も十分に

食料も十分用意しましょう。 乾パンやクラッカー、レトルト食品、缶詰など保存できる食料が好ましいと思われます。

また、カセットコンロがあれば、簡単な料理もできて、温かいものを食べられます。 温かいものは、気力回復にもなるので、カセットコンロは事前に用意しておきたいところですね。

窓の補強や家の周りを点検しよう

台風の恐ろしさは、強風によって多くのものが吹き飛ばされてしまうことも挙げられます。 風の対策について、準備すべきことをご紹介します。

窓の補強

あまりに強い強風が吹いた場合、窓ガラスが割れてしまうこともあり得ます。 窓ガラスが割れてしまうと、雨風が室内に入ってきてしまうだけでなく、飛び散ったガラスによって怪我をしてしまうこともあるでしょう。

シャッターがあれば窓を守ることができますが、取り付けている家の方が少ないと思います。 そこで、段ボールとテープを使って、強風によって窓ガラスが割れたときの被害を最小限に止めましょう。 段ボールを窓枠に貼り付ける、もしくは窓にテープを「米」の字に貼り付けることで、窓ガラスが割れたとしても、激しく飛び散ることを防げるのです。

カーテンもしっかり閉めておくことも忘れないようにしましょう。 また、ガムテープを使った場合、後で窓ガラスから剥がす際に、跡が残ってしまうことがあるので、養生テープを使うのもいいかもしれません。

家の周りを確認

家の周りに置いたものが、風に飛ばされて、近所の家に迷惑をかけてしまう恐れがあります。 飛ばされてしまいそうなものは、室内にしまう、もしくは飛ばされないよう固定しましょう。

エアコンの室外機も倒れないよう、固定が必要です。 壁や塀、屋根の点検もしておきましょう。

浸水にも備える

水害により、床上まで浸水してしまうかもしれません。 家電や家財は二階に移動させ、電気のコンセントは漏電や感電の恐れもあるため、しっかり抜いておくと良いでしょう。

また、水はけがよくなるように排水溝を掃除し、水害を防ぐことも大切です。

避難方法を確認しよう

台風の脅威の度合いによっては、避難することも検討しなくてはなりません。 家族とはしっかりと緊急連絡の手段を話し合い、落ち合う場所も確認しておきましょう。

家の近くに川がある場合は、水害や土砂災害の危険もあります。 ハザードマップを確認することで、どこに水害や土砂災害の危険性があるのか確認できます。 市役所や区役所でハザードマップは入手できることはもちろん、インターネットでも確認できます。

また、近隣の方とコミュニケーションを取っておくことも大切です。 なぜなら、救助や避難所で暮らすことになったとき、大きな力になるからです。

絶対にやめた方がいいこと

台風が接近してきたら、絶対にやめた方がいいことがいくつかあります。

まずは海岸や河川の見回りです。 海岸や河川の水位が上昇してしまい、飲み込まれてしまう危険性が十分にあるからです。

用水路の見回りも、大変危険です。 増水した用水路は、道路と境目が分かりにくくなっています。 不用意に近づくと、足を取られてしまうのです。

台風時は外出すること自体が危険であるため、できるだけ外に出ないことが一番です。 特に夜間の外出は控えましょう。

その他の準備や注意点

強い台風の到来に対し、準備すべきことは、まだまだ多くあります。 着替えやタオルの準備、貴重品をまとめておくなども、対策しておくべきことです。

ガスの元栓や戸締りも確認したいところです。 次にいつ台風がやってくるのかは、誰にも分りません。 事前に用意できることも、たくさんあるため、ぜひ早め早めに対策の準備をしておきましょう。

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク