自転車を処分する方法は?防犯登録の状態は要注意!

自転車を処分する方法は?防犯登録の状態は要注意!

ちょっと遠くまで移動するときに、大変便利な自転車。
しかし、いざ買い換えや引っ越しの際に処分することになると、どうすべきか迷ってしまいます。
自転車をできるだけ、損することなく処分するにはどうすれば良いのでしょうか。
自転車の処分・捨て方についてご説明いたします。

まず確認すべき防犯登録

自転車を捨てる前に、まずチェックすべきところは防犯登録がどうなっているか、です。
防犯登録は自転車の購入するとき、販売店から登録を促されます。
登録料は500円で、10年間は警視庁のデータに番号が登録されます。
もし、自転車が盗難にあっても戻ってくる可能性があり、料金も安いことから多くの人が登録を行っています。
どのように自転車を処分するにしても、この防犯登録を抹消してから、処理を行う必要があります。

防犯登録の抹消

もし、防犯登録を抹消せずに知人に譲った場合は、警察に盗品だと認識されてしまうことがあり、譲った相手がトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
粗大ゴミやリサイクルショップを利用した場合も、そのような心配が決してないとは限りません。
そのため、自転車を処分する前に、防犯登録を抹消する必要があるのです。
抹消方法は都道府県によって異なります。
お近くの警察署や交番で手続きは可能ですが、中には対応ができない地域もあるので、事前に調べておくと安心です。
警察署で手続きができない場合は、自転車を購入したお店か、防犯登録できる自転車販売店やホームセンターなどで行いましょう。
また、登録の抹消には以下のものが必要になります。

  • 防犯登録カード
  • 身分証明書
  • 自転車本体

防犯登録カードは、防犯登録を行った際に、控えとして受け取っているはずですが、登録から長い月日が経っていると紛失していることもあるでしょう。
自転車の購入時に受け取る領収書や、自転車の保証書で代用できる場合がありますので、お試しください。
ちなみに、引っ越しで他県に住所変更する場合も、防犯登録を一度抹消する必要がありますので、ご注意ください。

自転車の捨て方

防犯登録について確認したら、次は自転車の状態を確認しましょう。
自転車がまだ乗れる状態である場合、修理すれば乗れる場合などは捨ててしまうよりも、人に譲ることや売る方が無駄はありません。
修理が難しい場合に、捨てることを考えましょう。
それでは、具体的にはどのような処分方法があるのでしょうか。

粗大ゴミ

自転車は粗大ゴミとして処分することができます。
地域によって値段が異なるため、自治体に確認してから、コンビニで粗大ゴミ処理のシールを購入しましょう。
後はシールを貼って、指定の場所に置いておくだけです。
ただ、日時を指定することはできず、処分まで一週間近くかかってしまうことがあるので、急いでいるときは要注意です。

リサイクルショップ

リサイクルショップで自転車を買取ってもらいましょう。
状態が良ければ、買取金額がアップすることがあるので、汚れがあれば簡単に磨くと良いでしょう。
また、パンクしている、ブレーキの利きが甘い、チェーンの調子が悪い、などの場合は減額されてしまう恐れがあります。
リサイクルショップは自分で自転車をお店まで持ち込む必要があるため、近くに店舗がある場合に限られます。

フリマアプリなど

インターネットのフリマアプリやオークションで売ると、比較的に高値で売ることができます。
特に電動自転車やブランドものであれば、高価格で売ることが期待できます。
ただし、価格の設定や発送など、多くの手間が必要で労力がかかってしまいます。
また、取引が成立するまで時間もかかってしまうため、引っ越しなど時間が限られている場合は、早めに対応する必要があるでしょう。

知人に譲る

自転車は手軽で小回りの利く乗り物なので、安く手に入れたい、と考えている人が傍にいるかもしれません。
知人であれば面倒なやり取りもできるだけ省けるので、自転車を比較的にスピーディーに処分できるでしょう。
ただ、相手が知人であることから、安心して防犯登録の抹消を行わないなど、手を抜いてしまうかもしれません。
これは大きなトラブルにつながってしまうので、相手が知人とは言え、しっかりと対応した方が良いでしょう。

買い替えの際に処分ができる

新品の自転車に買い替える場合は、古い自転車をお店が有料で引き取ってもらえます。
もし、新品を購入する場合は、事前にお店に引き取ってもらえるかどうか確認をし、手順も確認しておくと良いでしょう。
インターネットで自転車を購入した場合も、同様のサービスを行ってくれることがあります。
一度、確認してみると良いかもしれません。

不用品回収業者

時間がないときは、不用品回収業者にお願いすると良いでしょう。
不用品回収業者に自転車を回収してもらうのであれば、指定した時間や場所で回収してもらえるため、手間がかかりません。
中には防犯登録の協会に加入し、防犯登録の抹消まで対応してくれる業者もいるようですが、稀なケースであるため、回収してもらう前に手続きを終えておくと安心です。
また、回収された自転車の多くは発展途上国に輸出されています。

写真は海外で自転車がリユースされている様子です。




自分が使っていた自転車が他の国の人に使ってもらえると思うと、少し嬉しい気持ちになりますね。

このように自転車の処分方法は、様々なパターンがありますが、どれにしても防犯登録の抹消はしっかりと確認しておく必要があります。
実際に処分をする際、スムーズに事が進むよう、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事はこちら

関連タグ