神奈川の自然を感じる観光地30選!絶景から名所までご紹介

神奈川の自然を感じる観光地30選!絶景から名所までご紹介

日々の疲れを観光で癒す、という方は少なくないでしょう。 心を癒してくれるような大自然、絶景スポットに行ってみたい。

そんな気持ちに応える情報を、今回は神奈川県にしぼってご紹介します。 神奈川県の自然を感じられる観光地は、どのようなスポットがあるのでしょうか。

神奈川で自然を感じられる観光地30選をご紹介

それでは、神奈川県で自然を感じられる、30の観光地をご紹介します。

千条の滝

千条の滝は、神奈川県箱根町の小涌谷にある滝です。 縦に長いことが多い滝ですが、千条の滝は幅20メートル、高さ3メートルと横に長いことが特徴。

もう1つの特徴、複数に分かれて水が流れることから、千条という名が付けられた、と言われています。 いくつもの繊細な水が、苔によって緑色に染まった岩肌に、輝きながら流れる様子は、とても美しいものがあります。

千条の滝は、箱根小涌園の付近、旅館「千条」から徒歩5分の場所に位置します。

洒水の滝

洒水の滝は、足柄上郡山北町にある酒匂川水系滝沢川にある滝で、「日本の滝百選」「かながわの景勝50選」「かながわ未来遺産100」に選定されています。 三段の滝となり、1の滝は69メートル、2の滝は16メートル、3の滝は29メートルと、大きな落差が特徴。 また、洒水の滝は鎌倉時代初期に真言宗の僧文覚が、百日間も滝に打たれる荒行を積んだ場所としても有名です。

丹沢山地

丹沢山地は、神奈川県北西部に広がる山地で、秩父山地などと合わせて関東山地と呼ばれます。 丹沢山地は、その大部分が丹沢大山国定公園と神奈川県立丹沢大山自然公園に指定され、豊かな自然に溢れています。

丹沢山地のシンボルと言える大山は、登山はもちろん、秋の紅葉が特に人気です。 西丹沢には、丹沢湖を中心に観光地として整備され、釣りやボート遊び、湖岸道路のサイクリングなどが楽しめます。

大山阿夫利神社

大山阿夫利神社は、丹沢山地の大山にある神社。 大山の山頂に鎮座する本社と、中腹に鎮座する下社があり、下社までは大山ケーブルカーでアクセス可能です。

春は花、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色が堪能できる大山阿夫利神社は、古典落語にもなっている「大山詣り」でも有名。 自然だけでなく、文化的にも充実した観光スポットと言えます。

ユーシン渓谷

足柄上郡山北町の玄倉川にある渓谷、ユーシン渓谷は丹沢大山国定公園に属し、「丹沢の秘境」と呼ばれています。 渓谷を流れる美しい水は、エメラルドグリーンに輝き、ユーシンブルーと呼ばれるほど神秘的です。 新緑や紅葉の名所としても知られているため、夏や秋は特に美しい自然を体感できることでしょう。

ちなみに、ユーシンという名の由来については諸説あり、大正時代森林管理小屋の番人であった小宮兵太郎が「谷深くして、水勢勇まし」という意味で湧津と名付けたというものがあります。

芦ノ湖

芦ノ湖は、足柄下郡箱根町にある、箱根山のカルデラ湖です。 神奈川県では最大の湖で、湖畔を中心に観光名所やリゾート施設が数多く点在しています。 富士山も望める景勝地であり、周辺もさまざまな自然が見られることから、神奈川県の代表的な観光地の1つと言えるのではないでしょうか。 芦ノ湖は釣り場としても有名で、ニジマス、ヤマメ、イワナ、ブラックバスなどが見られます。

大涌谷

大涌谷(おおわくだに)は、箱根町にある火山性地すべりによる崩壊地形ですが、観光地としても知られています。 一帯は大涌谷園地と言われ、富士箱根伊豆国立公園の特別地域に指定されています。 噴火の痕跡を残す山並み、白煙を吹き上げる噴気孔など、火山の活動を観察できることが、大涌谷の醍醐味です。 地熱を利用してできたゆで卵、黒玉子も有名で、1個食べると7年寿命が延びるというふれこみで、人気を獲得しました。

仙石原高原

仙石原高原は、足柄下郡箱根町にある高原で、ススキの草原や仙石原温泉が知られています。 ここには、湿原植物の群落があり、秋になると広がるススキの景色は壮観です。 ススキの中には小さな道があり、手軽なハイキングも楽しめます。 周辺にはホテルやペンション、保養所が点在することから、仙石原温泉も満喫できることでしょう。

相模湖

相模湖は、相模原市緑区にある湖。 湖には遊覧船が就航し、モーターボート、手漕ぎボート、足漕ぎボートの貸し出しが行われ、周辺の自然を堪能できます。 春は桜が見られ、その季節が終わると山々は新緑で綺麗に色づくなど、四季折々の風景を楽しめることでしょう。

相模湖の周辺には「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」「明治の森高尾国定公園」「東海自然歩道」など、釣りやキャンプといったレジャーを楽しめるスポットも存在します。 また、意外なことに相模湖の付近にはゲームセンターがあり、貴重なレトロゲームスポットとしても有名です。

江ノ島

江ノ島は藤沢市にある、湘南海岸から相模湾へと突き出た陸繋島です。 湘南を代表する景勝地であり、古くから観光名所である江ノ島。 観光スポットは、七里ヶ浜海岸や稲村ヶ崎海岸といった海のスポットが有名ですが、食べ歩きを満喫できる弁財天仲見世通り、開運・恋愛のパワースポットである江島神社も広く知られています。

さらに、自然を堪能するのであれば、波による浸食によってできた洞窟「江の島岩屋」や、磯釣りの名所としても知らえる稚児ヶ淵などもおすすめです。

宮ヶ瀬湖

宮ヶ瀬湖は、愛甲郡愛川町、同郡清川村、相模原市緑区の3市町村にまたがるダム湖です。 湖周辺は美しい景観が望めるスポット、アミューズメント施設などが整備され、観光客で賑わいます。 特に、宮ヶ瀬湖の付近にある神奈川県立あいかわ公園は、アスレチックや迷路など、さまざまなレジャーを楽しめます。

また、宮ヶ瀬湖畔地区には、毎年12月になると自生しているもみの木が装飾され、クリスマスツリーを楽しむ人々も訪れます。

湯河原町

湯河原町は、足柄下郡に属する町で有名な温泉町としてよく知られています。 箱根山と相模湾に挟まれ、自然散策が楽しめる上に、温泉施設が豊富な観光地と言えます。 そのため、湯河原町は古くから文豪、画家など多くの作家が逗留し、多くの人に愛されていました。

温泉の他にも、豊かな森に囲まれる万葉公園、1300年の歴史を持つパワースポット五所神社など、周辺も魅力的な観光地が存在しています。

猿島

猿島は、横須賀市猿島に所在する無人島であり、東京湾最大の自然島です。 猿島は京急本線横須賀中央駅から徒歩と船で約30分の場所に位置します。 映画「天空の城ラピュタ」を連想させる島と言われるほど、豊かな自然があり、海水浴、バーベキュー、釣り、散策といったレジャーに最適と言える場所です。 明治時代は、東京湾要塞の猿島砲台が築造されていたことから、歴史的な遺産を楽しめる、という特徴も見所です。

城ヶ島

城ヶ島は、三浦半島の南端に位置する島であり、神奈川県最大の自然島です。 城ヶ島は観光地としても歴史が古く、鎌倉時代に源頼朝が度々来遊したという話が残っています。

浦半島の最南端に位置する城ヶ島公園は、晴れた日であれば房総半島をはじめ、相模湾、伊豆大島、伊豆半島、富士箱根連山などが見られます。 城ヶ島の東端に位置する安房崎の安房崎灯台、島西端の長津呂崎の根元にある城ヶ島灯台は、島のシンボルともいえる存在です。

長井海の手公園 ソレイユの丘

長井海の手公園 ソレイユの丘は、横須賀市にある、農業体験型総合公園です。通称はソレイユの丘。 ソレイユの丘は、南フランスのプロヴァンス地方をモチーフにして作られ、広大な敷地で食や農業、クラフト、動物とのふれあいなどが体験できます。

また、ソレイユの丘は村のエリア、街のエリア、水のエリア、まきばのエリアといった、4つのエリアに分かれています。 村のエリアは彩り農園、彩り温室。街のエリアはレストランや温浴施設。水のエリアはホタル館、ビオトープの小川。まきばのエリアは動物ふれあい広場、乗馬場など。エリアによって、それぞれの特色があります。

服部牧場

服部牧場は、愛甲郡愛川町にある観光牧場です。 解放された牧草地は、春の桜、秋は紅葉と四季折々の姿を見せてくれます。

他にも、牛の乳搾り体験、バター作り体験、ひつじやヤギにえさをあげる体験もできます。 さらに、バーベキュー場の利用も可能で、自然を満喫しながら食事も楽しめます。

くりはま花の国

くりはま花の国は、横須賀市神明町にある都市公園です。 在日アメリカ軍の倉庫があった土地を返還後、横須賀市が「久里浜緑地」として整備。 現在は、色とりどりの花が咲く庭園、スポーツ施設、レストランが営業されています。 ハーブ園、つばき園、樹木園など自然を堪能できるだけでなく、アーチェリー場やアスレチックなど、スポーツも十分に楽しめることが特徴です。

座間市ひまわり畑

座間市ひまわり畑は、座間市にある観光地です。 総面積5.5ヘクタールを超える敷地に約55万本のひまわりが植えられ、8月の上旬から中旬にかけて「座間市ひまわりまつり」が行われます。

ひまわりまつりでは、ひまわり畑の開放だけでなく、切花、農産物、アユのつかみどり、ひまわり写真コンテストなども開催されます。 夏らしい自然の風景を味わいたいのであれば、おすすめの観光スポットではないでしょうか。

こども自然公園

こども自然公園は、横浜市旭区に所在する都市公園。別名は大池公園です。 横浜市が管理する都市公園であり、横浜市旭区最大の面積を持ち、中心に大池と呼ばれる池が存在しています。

東側には「桜山」と呼ばれる小高い山があり、1,000本の桜の木を目的に、春は大勢の花見客が訪れます。 公園内はホタルの生息地であり、豊かな自然が保たれ、「万騎が原ちびっこ動物園」やバーベキュー広場のような家族向けの施設も充実しています。

小田原城址公園

小田原城址公園は、小田原市城内に位置する都市公園です。 戦国時代の大名として有名な、北条氏の本拠地として知られる小田原城を中心とした公園で、国の指定史跡の区域となっています。 園内には、梅、桜、藤、花菖蒲、アジサイ、ハスなど四季の植物が植えられ、「日本さくら名所100選」に選定されています。

他にも、小田原城歴史見聞館、小田原城ミューゼ、動物園、遊園地といった観光施設もあり、幅広い楽しみ方ができる観光スポットです。

強羅公園

強羅公園(ごうらこうえん)は、神奈川県足柄下郡箱根町にある公園で、国の登録記念物に指定されています。 明治時代以降、別荘地、避暑地として開発されていた強羅地区に、保養施設として強羅公園は開園されました。 日本初のフランス式整型庭園があり、多種多様な花が植えられ、四季折々の風景を楽しめます。 また、熱帯植物館や茶室、体験工房といった施設もあり、庭園の他にもさまざまな体験を楽しめます。

野毛山公園

野毛山公園は、横浜市西区に位置する都市公園。 園内からはみなとみらい地区も一望できるだけでなく、約380本ある桜の名所としても有名です。

「散策地区」「展望地区」「野毛山動物園」の3エリアに分かれることが、野毛山公園の特徴と言えます。 散策地区はその名の通り散歩に最適なエリア。展望地区は、バスケットコートや芝生広場など運動も楽しめます。野毛山動物園は無料で入園できる動物園で、100種類以上の動物が展示されています。

七沢森林公園

七沢森林公園は、厚木市七沢、小野、上古沢にある都市公園です。 起伏にとんだ地形に雑木林が広がる自然豊かな公園で、春は新緑を、晩秋には紅葉を見ることができます。 公園内には各種シャクナゲや桜などの他、様々な植物が自生し、四季折々の風景が見られます。

動物はシジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ウグイスといった野鳥、猿や鹿などの哺乳動物が生息。全域が鳥獣保護区に指定されています。 バーベキュー施設やアスレチック施設もあり、家族で楽しめる公園です。

四季の森公園

四季の森公園は、横浜市緑区と旭区にまたがる県立の都市公園です。 ここには、貴重な天然林や湧水が残り、シーズンによってはホタルの観察も楽しめます。 里山の自然を体感できる他、水遊びができる池や炭焼き小屋、体験学習型の施設が整っています。 カワセミの採餌を観察できる機会もあることから、写真愛好家やバードウォッチャーにとっても有名です。

東高根森林公園

東高根森林公園は、川崎市宮前区神木本町にある森林公園です。 公園が整備される前から、この地域には里山環境が残り、弥生・古墳時代と思われる約60軒分の竪穴式住居跡や、ドングリなどの食糧貯蔵穴跡、貝塚などが発見されています。

さらに、遺跡の周辺にはシラカシ林が自然林に近い形で残っていたことから、学術的にも非常に価値の高い植物群落であると判明。 これらを保護するため、天然記念物に指定、都市公園として整備されることになりました。 そのため、現在も貴重な自然環境を伝え、近隣住民にとって憩いの場となっています。

観音崎公園

観音崎公園は、横須賀市の観音崎に位置する都市公園です。 照葉樹の森や海岸の磯など、豊かな自然を生かした公園で、海と山の両方の魅力に触れられます。

さらに自然だけでなく、砲台跡などの歴史的遺構、観音崎自然博物館や横須賀美術館といった文化的な施設も存在します。 静かに自然と文化を満喫するためには、とてもいい観光スポットだと言えるのではないでしょうか。

三溪園

三溪園(さんけいえん)は、横浜市中区本牧三之谷にある庭園です。 実業家で茶人の原富太郎によって1906年に造園され、2006年に国の名勝へ指定されています。

園内では、梅、桜、ツツジ、紅葉といった自然を堪能できますが、その中に歴史的に価値の高い建造物が配置され、美しい風景がつくられています。 自然的な美しさだけでなく、人工的な美しさも楽しめるといった点では、三溪園がおすすめです。

長谷寺

長谷寺は、鎌倉市長谷にある寺院であり、日本最大級の木造仏像である十一面観音像を祀っていることでも有名です。 長谷寺は歴史的、文化的に貴重な観光スポットでありますが、自然に溢れた環境としても知られています。

庭園の放生池と池泉回遊式庭園は、四季を感じる花々で彩られますが、特に6月は人々で賑わいます。 なぜなら、長谷寺は2,500株を超える紫陽花が有名だからです。 長谷寺の経蔵裏にある、眺望散策路は紫陽花の名所として、多くの人に愛されています。

報国寺

報国寺は、鎌倉市にある臨済宗建長寺派の寺院です。 報国寺は歴史的、文化的な価値が高いだけでなく、日本の四季を実感できる場としても有名。 春は桜、秋は紅葉が見られますが、報国寺といえば境内に孟宗竹約2,000本からなる竹林が存在することで知られています。 竹の庭は茶席「休耕庵」があり、拝観料と別料金で、抹茶と茶菓子を楽しめます。

杉本寺

杉本寺は、鎌倉市二階堂にある寺院であり、鎌倉最古の寺として知られています。 杉本寺では季節の花が見られ、春は桜や椿、夏は紫陽花や百日紅、秋は紅葉や彼岸花、冬は山茶花や水仙などが咲きます。

そして、杉本寺の名物は、参道途中に苔むした石段です。 青々とした石段を踏みしめる度に、杉本寺の歴史と自然の力強さを感じることでしょう。

神奈川の観光地で自然の素晴らしさを体感しよう

このように、神奈川には自然を感じられる観光地がたくさん存在しています。 週末にリフレッシュしたい、日々の疲れを癒したい、と思ったら、これらの観光地まで訪れてはいかがでしょうか。

そして、自然は私たちを癒してくれるだけでなく、人々の生活を支える資源でもあります。 自然がどれだけ尊いものなの、このような観光地に訪れた際、ぜひ改めて考えてみてください。

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク