アメリカ世界遺産 イエローストーンで噴火の前兆?人類滅亡の危機か!

アメリカ世界遺産 イエローストーンで噴火の前兆?人類滅亡の危機か!

アメリカのイエローストーン国立公園は世界初の国立公園として知られています。
豊かな自然と様々な野生動物と出会えることから、アメリカの観光地としても大変人気があります。
しかし、そんなイエローストーンが人類を滅亡に導く恐れがあるのです。
イエローストーンとは、どのような場所なのでしょうか。

イエローストーンとは?

イエローストーン国立公園はアメリカのアイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州に位置する国立公園です。
1872年、世界で初めて国立公園に指定された場所というだけでなく、公園の中に多くの観光スポットも存在することから、大変人気がある国立公園です。
それでは、イエローストーン国立公園の見所はどのようなものがあるのでしょうか。

オールド・フェイスフル・ガイザー

オールド・フェイスフル・ガイザー(The Old Faithful Geyser)は世界で最も有名と言われる間欠泉です。
一時間から一時間半の間隔で、3万リットルの水を50メートルの高さまで、熱水が吹き上がる光景は圧巻です。
また、フェイスフルとは「忠実」を意味する言葉で、以前は45分おきに忠実に熱水が吹き上がったことから、この名前が付いたそうです。

七色に輝く温泉

七色に輝く幻想的な温泉がイエローストーンには存在します。
このカラフルな色の正体は、温泉の中で繁殖しているバクテリアです。
温泉の温度によってバクテリアの色が変化することで、このような奇跡的な色彩を生み出しているのだとか。
ちなみに人間は入れないようです。

野生動物たち

イエローストーンは広い草原地帯が広がっていて、グリズリーや、オオカミ、アメリカバイソンなど、様々な動物が生息しています。
そのため、北米では一番多く野生生物を観察できる場所として有名で、手つかずの巨大温帯生態系が作られています。
この他にもイエローストーン国立公園は様々な見所が存在する、魅力的な観光スポットです。

イエローストーンの火山活動

イエローストーンは北アメリカで最大の火山地帯でもあります。
イエローストーンの見所のいくつかは、この火山によるものです。
これらの火山が活動した記録は、近年だと2004年から2006年にかけて、部分的に地盤が上昇したことや、2017年に地震が起こったなどがあります。

火山と言えば、噴火をイメージしますが、イエローストーンの噴火は起こっていません。
なぜなら、イエローストーンは60万年から70万年の周期で噴火を起こすと言われているからです。
ならば、イエローストーンが噴火することは、私たちが生きている間にはあり得ないのでは、と思ってしまうところですが…。
調査によると、イエローストーンが最後に噴火したのは64万年前なんだとか。
だとしたら、イエローストーンはいつ噴火してもおかしくない、ということかもしれません。

大噴火した場合は人類滅亡!?

もし、イエローストーンで大噴火が起これば、どうなってしまうのでしょうか。
実は、それだけで世界が滅亡してしまう恐れがあるのです。

専門家によると、イエローストーンの巨大火山が噴火した場合、アメリカの3分の2が居住不可能な状態になると言われています。
もちろん、多くの人間が被害に合うことになるでしょう。

また、災害はアメリカだけでは済みません。
1815年、インドネシアでも大きな噴火があったとき、噴き上げた灰や硫黄が日光を遮断したことで、世界の気温が低下し、農作物にも多くの被害が起こりました。

つまり、イエローストーンの規模で噴火が起こった場合は、世界的な氷河期になってしまう恐れもあるのです。
さらに酸性雨が降り注ぎ、農作物にダメージを与えることも考えられています。
そうなってしまえば、世界が滅亡してしまうこともあり得るのではないでしょうか。

恐るべき自然の猛威!

イエローストーンがそうであるように、自然の猛威は人間を滅ぼしてしまう恐れが十分にあります。
突然の災害であれば、私たちにできることはないでしょう。
ただ噴火が起こらないよう祈るばかりです。
しかし、災害は環境問題が関係しているとも言われています。
だとすれば、私たちは環境に負担をかけない生活を心がけることが一番です。
地球の怒りを買うことがないよう、ぜひ環境に優しい生活を考えてみてください。

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク