南極の下に巨大な空洞が出現?急速に溶けているスウェイツ氷河とは

南極の下に巨大な空洞が出現?急速に溶けているスウェイツ氷河とは

南極と言えば、氷に囲まれた世界を連想する人がほとんどでしょう。
しかし、その南極の氷が急激に溶けていることが、NASAの調査によって判明したそうです。
南極の氷が溶けると大変なことになると耳にしますが、どんなことが起こるのでしょうか。
また、氷が溶けている原因は何によるものなのでしょうか。

南極スウェイツ氷河の下に巨大空洞

南極には、スウェイツ氷河と言われる氷河があります。
この氷河は「世界で最も危険な氷河」とも言われていますが、この真下に巨大な空洞が存在することが判明しました。
その空洞の大きさは、ニューヨークのマンハッタンの3分の2に及ぶ大きさで、高さも300メートル以上あるそうです。
これほどまでに大きな空洞が、南極の氷が溶けてしまったことで出現したのです。

この空洞には、140億トンの氷が収まっていたと考えられていて、しかもそれが過去3年間で失われてしまいました。
南極の氷が溶ける現象は今も加速しているとも考えられています。

そして、氷が溶けてしまったら、人類にとって大変なできことです。
この手の話と言えば、原因は温暖化を疑ってしまう人も多いと思いますが、今回はそれだけではないようです。
なぜなら、気温が上がって、氷が表面から溶けたのではなく、氷床が内部から溶けているからです。
スウェイツ氷河で何が起こっているのでしょうか。

南極の下に強い熱源が?

スウェイツ氷河が急速に溶けている理由は、はっきりとはわかっていませんが、原因らしきものがいくつかあります。
その一つと思われるのが、南極の氷河の下に、活発な火山の熱源があることが発見されたことです。
実は南極には火山が密集した場所です。
南極大陸西部には138個の火山が存在し、それはスウェイツ氷河の下にもそれが存在します。
つまり、スウェイツ氷河が融解の理由は、この内部からの熱が原因の一つと思われているのです。

また、この南極大陸の氷床の下には、川や湖がいくつも流れていることもわかっています。
これらの水と火山による熱だけが、氷河の融解に原因とは言い切れないようですが、融解のスピードを速めていると考えられているのです。

スウェイツ氷河が溶けてしまったら?

巨大な氷河であるスウェイツ氷河が、もしすべて溶けてしまったら、海面が60センチ以上、上昇すると言われています。
スウェイツ氷河が溶ける、ということはもう一つの問題が発生する恐れもあります。
スウェイツ氷河が周辺の氷河や内陸の氷を支えているため、これがなくなることで、大規模な何かが起こるかもしれない、と考えられるのです。

また、南極の氷がすべて溶けた場合は、水位が60メートル上昇すると言われています。
60メートル上昇も水位が上がった場合、関東の殆どは沈んでしまいます。
以前ご紹介した、イタリアの観光地、ベネチアも沈没してしまうでしょう。
海沿いの街も壊滅的な状況となるのは間違いありません。
スウェイツ氷河の急速な融解を見る限り、日本地図の形が変わってしまう日も、そう遠くはないかもしれないのです。

いつか大規模な自然変動があるかも

スウェイツ氷河が急速に溶けている原因は、まだ確かなことはわかっていないようです。
もしかしたら、温暖化も関わっているかもしれません。
しかし、人間の活動が関わっていない場合でも、このような大規模な自然の変動が起こる恐れは否定できません。
明日にでも、それは起こるかもしれないのです。
私たちは、できる限り自然に悪影響を与えないよう、環境に配慮した生活を心がけるべきでしょう。

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク