• エコトピア
  • その他
  • 【第8回 裏トピア】偽Tディレクター登場!エコトピアに詳しいのは誰か

【第8回 裏トピア】偽Tディレクター登場!エコトピアに詳しいのは誰か

【第8回 裏トピア】偽Tディレクター登場!エコトピアに詳しいのは誰か

こんにちは。
フランシス硝子です。

皆さんは自分が信じられなくなることが時々ありませんか? 私は時々というレベルとは言えないほど頻繁にありますが、どの瞬間も自分自身でしかないので諦めています。
今回は下らない自分でも信じてみよう、というお話です。

偽Tディレクターが登場!

登場人物

フランシス硝子:何だかんだ責任感が強いライター。最近の悩みは、何だかんだ正義感が強く、何だかんだ面倒見が良いことで損ばかりしている、と気付いてしまったこと。

Tディレクター:エコトピア編集部のディレクター。何だか調子がおかしいらしく、自宅がゴミ屋敷状態に。ちなみに前々回の裏トピアで、自らの分身を生み出していた。

偽Tディレクター:Tディレクターの意識が形となって現実世界に飛び出した姿。Tディレクターのストレスの権化とも言えるが、仕事はかなりできるらしい。

エコトピア編集部 オフィス

前回までのあらすじ。
オタクでありながら、超絶美女であるフランシス硝子は、引きこもって家から出てこないTディレクターを何とかエコトピア編集部オフィスまで連れ出した。しかし、そこにはTディレクターそっくり?の謎の男がバリバリ仕事をしている姿があったのだった。詳しくは前回の裏トピアを参照。

パソコン カタカタカタッ

Tさん。謎の男がTさんのポジションに収まっていますよ? どういうことでしょう?

………

しっかりしてくださいよ、ちゃんとツッコミ役が機能していないと、この新展開がナチュラルに進行できなくなります

……チラッ

げっ、あいつこっち見てる。

あれあれー?
これはこれはエコトピアの女神と言われる、フランシス硝子さんではないですか。

!?

あ、あわわわわわ…

お、Tさん。正気を取り戻しましたか。

あ、あいつは…

あいつは……!!

え? なんですか? あいつ、何者なんですか?

あ、あいつは僕の分身だ!!

ぶ、分身ーーーー!?

回想

うへぇー。だるいなー。働きたくないなー。

エコトピアはアクセス伸びないし、K部長は握力85キロ超えたらしいし。

そう言えばあの人、C〇Cグリッパーをぶっ壊したとも言ってたな。

次ミスしたら、その握力で〇されるかもなぁ…

……疲れた。ハァー

うわははははっ!

だ、誰だ!?

僕は君の分身さ。

君が疲れたと言うのなら、僕が代わりに働いてやろう。

(なんだこいつ、気持ち悪い顔しているな。あ、夢か。夢なら何を言っても平気か)

本当かい?
ぜひ頼むよ。僕は家で寝てるだけが良いや。

オッケーイ!
じゃ、君の意識の中から出て行くから。あとは任せておきたまえ!

はいはーい。よろしくね!

(バカめ。あとはやりたい放題だ!)

回想ここまで

ゆ、夢じゃなかったのか。

つまり、あいつはTさんの意識が実体化した、搾りカスってわけですね。

最近、Tさんが抱えていたストレスやネガティブな気持ちを

どこかに放出したくて、あいつが作り出された、とも考えられますね。

あ、こっちにきますよ!

いやー、硝子ちゃん。今日は打ち合わせもないはずなのに、どうしたんだい?

それにしても今日も可愛いね。

目が潰れてしまいそうになる美貌、溢れ出る知性と気品。そして何よりも抜群のスタイル。

出るところは出て、引っ込むべきところは引っ込んでるね。

ほう。ただの搾りカスと思いきや、どうやら本物よりは、まともな審美眼を持っているようですね。

(まともか?)

そして、ちょっとセクハラを混ぜてくるのが、Tさんよりも現実のTさんに近い気がしますね。

ねぇ、硝子ちゃん。

これ、田舎の両親も見てるらしいから、誤解を与えることは言わないでよ。

どっちがエコトピアに詳しいのか

お、お前ー! 偽物なのに僕よりも編集部で幅を利かせるんじゃない!

偽物ー? 君が誰なのか知らないが、

君の方こそ僕の偽物ではないのかね?

!?

だって、僕はずっとここで働いていたし、

それにエコトピア編集部の皆さんも僕と働くことで、より輝いている。

編集部スタッフA:Tさん、これ終わりました!

編集部スタッフB:Tさん、こっちも終わりました! 次の指示お願いします!

(た、確かにいつもより仕事能率が上がってそうだ)

K部長も最近ご機嫌だしね。

な、なんだってー!?

どうやって、K部長に取り入ったんだ?

取り入るー?

そうじゃない。
僕の仕事っぷりに満足しているからに決まっているだろう!

(ふふ、最高級プロテインを渡しておいたから、当分は上機嫌さ)

つまり、それは僕こそがエコトピア編集部のディレクターであることを証明している、と思わないかい?

ば、バカな……。

味方との結束を強め、敵への容赦ない揺さぶりも見事……。

ここまで有能だと、Tさんの分身というのも怪しいですね。

ぼ、僕も自信がなくなってきたよ……。

でも、こんなぽっと出のやつに負けるわけにはいかない!

ふふん。
認めないと言うのか。

では、その負けん気も木端微塵に砕いてやろう。

エコトピアクイズで勝負だぁーーー!

え、エコトピアクイズ!?

これから私が出すエコトピアに関するクイズに半分以上正解したら

そう、たった半分でも正解したら、

君が本物のエコトピア編集部のTディレクターであることを認めよう。

半分か。
サザ〇さんのじゃんけんに勝つより簡単じゃないか。

しかし、正解数が半分以下だったら……

だったら……?

二度とエコトピア編集部のオフィスに近づくなぁーーー!

な、なんだってぇぇぇぇーーー!

では、さっそく第一問。

環境問題、リサイクルの話題を取り扱うエコトピアですが、

そのサイト名である「エコトピア」の由来は何でしょうかっ!

げ、一問目から難題……。

Tさん、それマジで言ってます?

えっと、エコなトピックを扱うからエコトピア、かな?

だとしたら「ア」はどこから来たんですか。

不正解!

正解はエコロジーとユートピアを合わせた言葉で、1975年に出版されたアーネスト・カレンバックの小説「エコトピア」がその語源である、でした!

詳しくは「エコトピアとは」を参照にしてくれたまえ!

へええええぇぇぇ。そうだったんだ。
硝子ちゃん、知ってた?

当然ですよ。

次の問題!

K部長が一押しするシリーズ「追跡!不用品回収業者」のコンセプトを100字以内で説明せよ!

え、そんなのあったっけ?

Tさん、いつもに増して無知になってませんか?

えーっと、えーっと……

タイムオーバー! 正解は、

回収された不用品が、その後どのような経緯をたどって、海外でリユースされるのかを紹介。そして、不用品回収業者が循環型社会形成の一翼を担っていることを伝え、リユースの大事さを広めることがコンセプトである。

でした!

くっそーーー!

100文字ジャストで説明しているところが憎らしいですね。

次! エコトピアのスペシャルコンテンツ「性格診断 あなたをゴミに例えたら?」の診断結果パターンは、現在いくつでしょうか?

せ、性格診断……そんなのもあったっけ?

目立たないし、誰も見ていないコンテンツですからね。

えーっと、20パターン!

ぶっぶぅー!
エコトピアがそんな豊富なコンテンツ作れるわけないじゃん!

正解は6パターンでした。

くっそーーー、面白味もないしデザインもテキトーだから忘れてたーーー!

次! 記事にキーワードを設定できる「タグ」ですが、エコトピアに「動物」のタグはある。YES or NO!

これは引っ掛けだな!

動物絶滅シリーズ」のタグはあるけど「動物」はない。NOだ!

ぶっぶぅー! 動物のタグはこちらだ!

動物に関する記事はこちら:「動物」に関するニュース・情報の記事一覧

ほへぇぇぇぇぇぇ!

こいつ、エコトピアのことなら何でも知っているのか!?

そのようですね。エコトピアに対する情熱みたいなものを感じます。

ば、バカな……。僕のエコトピアへの情熱なら誰にも負けないはず。

なのになぜ!

(ふふ、バカめ。お前と分裂する際にエコトピアへの情熱や知識はすべて僕がいただいたのさ)

(だからお前はこのクイズを一問たりとも答えられないのは当然なのだ)

次! エコトピアの女神と言われる「フランシス硝子」ですが

その名前の由来はなーんだ!

えええぇぇぇぇ……

硝子ちゃん、名前に由来とかあったの?

……散々説明したじゃないですか。

えええ、知らないよ……。

ふははははっ、何も知らないようだな!

何も知らない貴様に、エコトピア編集部にいる価値はなーーーい!

ほへほへほへぇぇぇぇーーー!

これからは僕が裏トピアの主役だ!

!?

いや、エコトピアも僕のモノだ。

わははははっ!

うわははははははっ!

………
……

Tディレクター:(その後も、僕はいくつものエコトピアクイズを出されたが、一つも答えることはできなかった。つまり敗北だ)

Tディレクター:(それはエコトピア編集部からの追放を意味する。これから僕はあの汚れ切った部屋に帰り、ただ朽ちるのを待つことになるだろう)

Tディレクター:(しかし、それに気付く人は誰一人としていない。なぜなら、僕がいた場所には、あの男がいるのだから)

Tディレクター:(さようなら、エコトピア。僕の夢。僕の情熱)

Tディレクター:(嗚呼、もう何もかもが霞んで見える。これが死か。そう認識すると視界が黒く染まっていく)

Tディレクター:(そして、僕の視界は闇に包まれていったのだった……)

Tディレクター:………

BAD END


……
………

なにホラー系のビジュアルノベルみたいな終わらせ方をしているんですか。

!?

まだ終わっていませんよ。

Tさんも、裏トピアもね!

しょ、硝子ちゃん!?

情熱を取り戻せ!

それにしてもさ、今回はテーマと言うテーマがなかったね。

エコトピアのおさらい、みたいなものでしたね。

アニメでもよくあるパターンです。

キャラクターが過去を振り返るカットと過去の放送をつなぎ合わせて、

明らかに総集編なのに、総集編じゃない、みたいな空気を作り出すやつ。

あれと同じです。

そ、そうなんだ。

それにしても、硝子ちゃん。

なぜ、こんな無能で負け犬でしかない僕のところにやってきたんだい?

それは、あの偽物を倒すために決まっているじゃないですか。

だから、どうしてさ。硝子ちゃんにとっては、やつを倒しても何の利益もないじゃないですか。

僕がいなくても、硝子ちゃんとエコトピアの契約は続くだろうし、

原稿料も今まで通り払ってもらえると思うよ?

何を言っているんですか、Tさん。

裏トピアの主役は私なのに、

私より目立っているやつを

許せるわけないじゃないですか。

な、なるほどね。

それにしても……やつはエコトピアに詳しかったなぁ。

やつがいれば、確かに僕は用済みだろうね。

いえ、よく考えてください、Tさん。

確かに彼の知識は幅広いようでしたが、やつはあくまでTさんの分身です。

裏を返せば、もともとはTさんが持っていた知識と言うことです。

!?

それは本来、Tさんがあれだけの知識と情熱を持っていたことを意味します。

た、確かに。

うん、そうだ。そうに違いない!

私は最初、やつはTさんのネガティブな意識が実体化したものだと思っていましたが、

そうではなくて、Tさんのエコトピアへの情熱や知識が分裂して実体化した、というのが正しいかもしれません。つまり……。

つ、つまり?

やつと再び融合すれば、Tさんはエコトピアへの情熱や知識を取り戻し、エコトピア編集部ディレクターとして蘇る、ということですよ

おおおおお!

そうだ、そうに違いない。あの偽物め! 絶対に吸収してやるわい!

あ、でもどうやってやつを呼び出すんだい?

今更やつに「君のこと吸収したいので今から会えますか?」なんて言っても会ってくれないだろう。

それは私に策があります。ゴニョゴニョゴニョゴニョ

な、なるほど。それなら、やつも僕の前に姿を現すに違いない。

いける! この作戦、行けるよ硝子ちゃん!

そうです。私より目立とうとしたやつを徹底的にこらしめてやりましょう。

反撃開始ですよ。

To be continued!

続きはこちらから 第1回裏トピアはこちらから

あわせて読みたい

関連タグ

  • この投稿に「関連タグ」はありません

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク