今年のお花見はどこに行く?桜の名所「日本五大桜」をご紹介!

今年のお花見はどこに行く?桜の名所「日本五大桜」をご紹介!

少しずつ寒い冬から、春の温かな気配を感じられる時期になってきました。 春の訪れによって期待してしまうものは、たくさんありますが、中でも桜の開花が楽しみですよね。

そんな私たちが大好きな桜ですが「日本五大桜」と言われるものがあることをご存じでしょうか。 日本五大桜はどこに咲いて、どのような美しさがあるのでしょうか。

日本五大桜をご紹介

日本五大桜は、1922年の10月12日に国の天然記念物に指定された桜のことです。 それでは、日本五大桜はどこで見られるのでしょうか。

三春滝桜

三春滝桜は福島県の田村郡三春町にある紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)です。 樹齢は推定1000年を超える巨木で、樹高は12メートル、根回りは11メートル、幹周りは9.5メートルあります。

日本画家である橋本明治による、皇居宮殿の正殿東廊下にある杉戸絵「櫻」は、三春滝桜がモデルと知られています。 また、赤坂サカス赤坂Bizタワーの千住博画伯による壁画「四季樹木図」も、三春滝桜がモデルとされています。

石戸蒲ザクラ

石戸蒲ザクラは、埼玉県の北本市石戸宿にある蒲桜(カバザクラ)です。 樹齢は約800年とされ、樹高は約12メートル。

石戸蒲ザクラという名前の由来は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武将、源範頼(みなもと の のりより)が「蒲冠者(かばのかじゃ)」と呼ばれていたことが関係するようです。 源頼朝に謀反の疑いをかけられ、伊豆に流されて、最期を迎えたと言われる範頼ですが、伝説ではその後、武蔵国足立郡石戸宿…つまりは現在の埼玉県北本市石戸宿へと逃れたと言われています。 そこで、逃れる際に使っていた杖を立てたところ、それが根付いて蒲ザクラになったそうです。

また、石戸蒲ザクラは2000年に発表された、埼玉新聞社による「21世紀に残したい・埼玉ふるさと自慢100選」にも選出されています。

山高神代桜

山高神代桜は、山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にある、江戸彼岸(エドヒガン)です。

樹齢は1800年とも2000年とも言われ、天然記念物に指定された頃は、高さは13.6メートルありましたが、年々衰えていると指摘されていました。 2002年、樹勢衰退の原因を調査したところ、天然記念物に指定された際、石積みの囲いが行われたことや、盛り土が行われたことが、悪影響だったことが判明しています。

この状況を受けて、2003年に樹勢回復工事を行ったところ、2004年には樹勢回復が認められました。 また、伝説によると、あのヤマトタケルが山高神代桜を植えた、とも言われているほど、歴史が長い桜なのです。

狩宿の下馬ザクラ

狩宿の下馬ザクラは、静岡県富士宮市にある一本桜で、日本最古級の山桜と言われています。 樹齢は800年を超え、江戸幕府第15代将軍である、徳川慶喜がこの桜について歌を詠んでいるほど、立派な桜です。

名前の由来は、1193年まで遡ります。 源頼朝が富士の巻狩りと言われる、軍事演習のようなもののために、静岡まで出かけたときのこと、この地に立ち寄ったという伝承があります。

そのため、狩宿の下馬ザクラと言いますが、そのときに頼朝が、この桜に馬をつなぎ止めたという伝承もあり「駒止めの桜」という別名もあるそうです。

根尾谷の淡墨桜

根尾谷の淡墨桜は、岐阜県本巣市の根尾谷・淡墨公園にある一本桜です。 山高神代桜と同じく、江戸彼岸で樹齢は1500年以上と言われています。

1913年に降った大雪で幹の一部に亀裂が入ってしまったことで、樹勢が衰え始めてしまい、1948年の文部省による調査では3年以内に枯死と判断されていました。 しかし、1949年に岐阜市の歯科医師である、前田利行が山桜の根を接木したところ、1950年には再生して開花しました。

前田利行は人を見る歯科医師でしたが、独学で樹木を学び、枯死寸前の樹木を蘇らせる技術を持っていたそうです。

美しい桜をいつまでも

これら、五大桜以外にも、日本には美しさと歴史を兼ね備えた桜がたくさんあることでしょう。 しかし、これらは環境問題や災害によって失われてしまう恐れもあります。

それでも、五大桜がそうであるように、人間の力で次の世代につなぎ止めることができます。 桜だけに限らず、多くの自然を残せるよう、人間は意識していかなければなりませんね。

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク