伊豆半島の自然を守る環境活動団体「MORE企画」の活動に迫る

伊豆半島の自然を守る環境活動団体「MORE企画」の活動に迫る

都市部からのアクセスが良いダイビングエリアとして人気の静岡県・伊豆半島。その伊豆半島を拠点に環境活動を行う3名の女性ダイバーがいる。これまでは、個々に環境活動を取り組んでいたが、今後は環境活動団体「MORE(モア)企画」として団結し、活動していくことを発表した。
団体を立ち上げた経緯、そして、活動範囲を海だけにとどめず、山や川、街など幅広く活動する彼女たちの取り組みについて迫る。

海を遊び場としているダイバーだからこそできることがある

MORE企画は、代表の白井ゆみ氏(以下、白井氏)、副代表でイラストレーターの有森南央氏(以下、有森氏)、マネージャーでダイビングインストラクターの大石彩夏氏(以下、大石氏)のダイビングを趣味、又は仕事にしている3名によって発足された。

「MORE企画」という名前の由来は、Mountain(山)、Ocean(海)、River(川)、Earth(地球)といった自然に関連する4つの重要な要素の頭文字から取っているのに加え、英単語のMore (= もっと、更に)の意味から、「“もっと”伊豆半島を綺麗にしよう!」という思いも込められているという。

これまでは、各々が山の不法投棄回収や、陸、海岸、海中ごみの回収などを行ってきたが、伊豆半島の山・川・海の自然環境や景観をより良くする姿を団体として発信していくことで、今まで以上に発展した活動ができ、地元の方や観光客、事業者の方に環境への意識を高めてもらい、行動につなげるきっかけになるのではという思いから立ち上げる運びとなった。

道端や山、川に捨てたごみが、雨や風、川の流れによって海へと流れでていくことにより、海が「地球のごみ箱」になってしまっている現状の中、実際にその状況を目の当たりにしているダイバーとして、日常生活や海の中でできることを模索しながら実行していくなど「その海に潜っているダイバーだからこそできることがある」として、一時的な対策ではなく、安易に継続することができるような、システム作りを浸透させていくことを目指している。

海岸清掃時の様子(左:有森氏、中央:白井氏、右:大石氏)

MORE企画の思いが詰まった短編ムービー『【OUR PLANET】2022.09.23』



動き出しているMORE企画2つの活動

1.ごみ回収プロジェクト

伊東市内のダイビングサービスや港へ、「海のごみ箱」を設置するごみ回収プロジェクト。すでに、ダイバーたちが回収した海中ごみを入れることができるごみ箱が設置されている箇所もあることから、まずは、一度回収したごみが再度海へ飛ばされることの防止策となる蓋や外枠、また看板の設置など、ごみ箱の強化を関係者と協議を重ねながら着々と進行しているそう。

現在は、試験的な導入として伊東市川奈のダイビングエリアのごみ箱を強化しており、イメージカラーを青と白にしてリニューアル。看板には、川奈の海で出会えるウミガメのイラストも入っている。また、このごみ箱は80%以上廃材を使用したアップサイクルごみ箱でもあり、アップサイクルの考え方はMORE企画が今後広めていきたいことの1つでもあるという。

こちらの続きはocean+αでどうぞ
ダイビングと海の総合サイト・ocean+α 共通点は「ダイバー」。伊豆半島の自然を守る環境活動団体「MORE企画」の活動に迫る

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク