【驚愕】南極の雪を変色させる氷雪藻とは?原因は温暖化か

【驚愕】南極の雪を変色させる氷雪藻とは?原因は温暖化か

南極は、手つかずの自然が広がる、原生地域と言われています。 しかし、環境問題の影響がないか、と言えば、そうではありません。

2020年、南極の雪が赤く染まり、さらにその数か月後には、緑色に染まるという不思議な光景が広がり、驚きの声が上がりました。 また、この現象は温暖化と関連性があると報告がありました。

南極の雪が赤や緑に変色したのは、何が原因なのでしょうか。南極の雪の変色についてご紹介します。

南極の雪が赤や緑に変色?

2020年2月24日、ウクライナの国立南極科学センター(NANC)が、フェイスブックの公式ページに、雪が赤く染まった南極の景色を掲載しました。 それは、南極半島の北西のガリンデズ島にある、ウクライナの南極観測基地からの景色で、数週間に渡って続きました。

これだけでも驚くことですが、5月にも似たような現象が起こったのですが…今度は赤色ではなく、緑色に変色したのです。 しかも、この変化は宇宙から確認できるほど、緑色の雪が広がっていました。

この現象は「彩雪」や「雪の華」と呼ばれています。そして、ただ雪の色が変わっているだけではありません。 実は、この現象がとんでもない環境問題が関係していると考えられているのです。

それでは、雪が変色するこの現象は、何が原因で起こっているのでしょうか。

南極の雪が変色した原因は藻?

この雪が変色した原因は「氷雪藻(ひょうせつそう)」と言われるものが原因です。

氷雪藻は、極圏や高山帯などの地域で、雪や氷上に生息する低温耐性の藻類です。 冬は休眠しますが、春になって雪が溶ける時期に、水と日光によって繁殖します。 氷雪藻は葉緑素や、カロテノイドという紫外線から自らを保護し、熱を吸収しやすくする色素が含まれています。

そして、氷雪藻は赤い色素を持つ胞子が咲くことから、雪を赤く染めることになるのです。 また、5月に見られた緑色の雪も、氷雪藻が原因ではありますが、その他にも動物の糞が関係して、広く繁殖していました。 動物の糞が高い栄養価を持った肥料となり、藻の成長を促進させることになったのです。

氷雪藻の繁殖は温暖化が原因か

そして、この氷雪藻は地球温暖化と大きな関係があります。 氷雪藻は、熱を吸収しやすい性質を持つため、繁殖することでより多くの雪を溶かしてしまいます。 雪が溶ける、ということは、水が増えて、氷雪藻にとって成長しやすい環境ができる、ということになります。

つまり、氷雪藻の発生によって、雪が溶けて水が増え、氷雪藻の繁殖が進み、雪を溶かす…という悪循環を発生させます。 そもそも、この悪循環の原因は温暖化により、氷雪藻が増えたことが始まりでした。

このままでは、氷雪藻は増え続け、さらに南極の雪は溶けてしまうと考えられます。 最終的には、雪が溶け切り、氷雪藻も生息できないことになってしまうでしょう。

温暖化を止められるのか

このように、南極の雪が変色してしまったのは、温暖化が関係していると考えられています。 温暖化は地球全体で起こっている、大変な環境問題で、これが悪化してしまえば、多くの自然や生き物が失われる恐れがあります。 これ以上、温暖化を悪化させるわけにはいきませんが、個人でやれることは限られています。

しかし、一人一人がリサイクルやエコを意識することで、環境への負担をおさえることができます。 ぜひ、温暖化を悪化させないためにも、小さなことでも意識してみましょう。

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク