節約はエコにつながる!環境に優しく貯金を溜めるための基礎知識

節約はエコにつながる!環境に優しく貯金を溜めるための基礎知識

お金はいくらあっても足りることはありません。
生活のため、将来のため、子供のため、など常にお金は必要とされます。
そのため、できるだけお金を貯めておきたいところですが、貯金は簡単にできるものではありません。
でも、少しの工夫で節約すれば、貯金も増えていくはずです。
貯金のための基礎知識とは何か、考えてみましょう。

節約の基礎知識

それでは早速、貯金するための節約術をいくつかご紹介します。

衝動買いに気を付ける

ついつい衝動的に無駄な買い物をしてしまう性格の場合は、なかなか貯金を増やすことは難しいでしょう。
しかし、衝動買いさえなければ、その分だけ貯金できると思えばどうでしょうか。
それだけで、かなりの節約になること間違いありません。
以前、衝動買いを抑える方法をご紹介したので、ぜひ参考にしてみてください。

消耗品は詰め替え用を買う

シャンプーや洗剤は、詰め替え用を買うだけで節約ができます。
もし、同じものではなく様々なものを使いたいのであれば、100円ショップなどで安いボトルを買って、そこに補充しましょう。
使い終わったら、しっかりとボトルを洗って乾かした後、新しいシャンプーや洗剤を入れれば問題ありません。

消耗品は使い切る

歯磨き粉によくあることですが「もう使い切ったに違いない」と思っても、翌日チューブを押してみたら、まだまだ使えた、というパターン。
チューブ状のものは、使い切ったと思っても、何回か使えるほど中身が残っていることは多いはずです。
力強く押し出さないと出てこないこともあり、使い切るのが面倒で捨ててしまうこともあるのではないでしょうか。
思い切ってハサミで切ってしまえば、しっかりと中身を使い切れますので、試してみてください。

コンビニでの買い物は避ける

手軽に買い物ができるコンビニ。
ちょっとだけ買い物をするつもりが、余分なものまで買ってしまうことはないでしょうか。
また、コンビニはスーパーやドラッグストアに比べると、値段が少し高めに設定されています。
同じ買い物をするのであれば、コンビニの利用は控えた方が節約になります。

お酒とタバコは控える

ストレスの解消方法がお酒やタバコだ、という人は要注意です。
この二つは無駄な出費になっている可能性が高いのです。
ストレス解消であれば、他の方法を見つけた方が、節約になりますし、健康にも良いでしょう。
週に何回も飲み会に参加して、交際費を重ねている場合はさらに注意です。
同じメンバーで同じ話ばかりをしているようでしたら、少し考えた方が良いかもしれません。
それで、お金と時間が浮くかもしれませんよ。

クレジット払いや電子マネーを利用

日々の生活に使うお金はできるだけクレジットカードや電子マネーを使ってみましょう。
なぜなら、これらはポイントが貯まるからです。
特に光熱費や通信費、定期代など固定費はクレジットカードで支払うようにしておきましょう。

スマホなど通信料の見直し

スマホの支払いやインターネットの月額料金などは、いつの間にか新しいプランが登場していることがあります。
自分に合ったプランに設定することで、一気に出費が抑えられることもあるはずです。
そのため、定期的に通信料の支払いについては、見直すと良いでしょう。
通信費は毎月支払うものなので、これが安くなるだけでかなり負担を減らせるのではないでしょうか。
最近のスマホは、格安SIMと言われる通信サービスもあり、プランによっては毎月1000円程度の支払いで済む場合もあります。
格安SIMはドコモなどの大手キャリアから通信設備を借りているため、通信会社は設備の維持費が安く、その分だけ利用者の使用料金が低くなっているのです。

雑誌や新聞の見直し

新聞や雑誌を定期購読している場合は、一度見直してみましょう。
新聞は時間がなくて読んでいない、雑誌も習慣で買っているだけでそれほど読んでいない、ということもあるでしょう。
その場合は本当に必要か見直してみましょう。
漫画の週刊誌であれば、好きな漫画が数える程度であれば、コミックを買った方が節約になるはずです。

保険の見直し

保険の内容はしっかりと理解していないと、無駄にお金を払っているかもしれません。
あまり理解せずに契約をしていると、実は必要のない保障の分まで支払っていることがあります。
その場合は、自分の状況に合った必要最低限の保険に見直すだけで、節約になることでしょう。

家電の見直し

家電は高い買い物なので、長い時間同じものを大事に使うことがほとんどだと思います。
しかし、古いモデルの家電は、実は消費電力が激しいことがあります。
最新のものに買い替えることで、電気代が抑えられる、ということもあるのです。
もちろん、家電を買い替えるときは、買取サービスを利用するなど、お得に手放せるように工夫をしましょう。

節約は環境に優しいエコ

節約方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
これらの節約方法を一度に実践しようと考えると、大変なことになるので、できるところから試してみると良いかもしれません。
また、節約を心がけることで、自然とエコな生活になるはずです。
エコな生活は地球に優しく、結果的に多くの人の助けになるかもしれません。
その上で貯金もできたら、こんなに嬉しいことはないでしょう。
ぜひ、エコな生活で地球に優しくなれるよう、節約を試してみてください。

関連記事はこちら

関連タグ