服を捨てられない!衣類処分のタイミングと捨て方

服を捨てられない!衣類処分のタイミングと捨て方

常に流行の服が着たい。お洒落が大好き。ストレス発散はショッピング。
そんな人なら、気付いたら部屋が服でいっぱいだった、ということはありませんか?
収納スペースにも限界があるので、服を処分しなければいけないのは明白。
しかし、なぜか捨てられないし、どの服を処分するべきか決められない。
そんなときは、衣類を捨てるタイミングを決めておくと良いかもしれません。
衣服を捨てるタイミングにお悩みでしたら、ぜひ一緒に考えてみましょう。

どうして服を捨てられないのか

溢れ出るほどあるのに、なぜか捨てられない服。
中にはかなり昔からクローゼットの中で眠っているだけの服も。
そんな服たちは、ただ漠然と捨てられないのではなく、何か理由があるのではないでしょうか。
理由がわかれば、対処法も考えられるかもしれません。

まだ綺麗だから

せっかく買った服でも、合わせる服がなかった、趣味が変わった、などの理由から着なくなってしまうことがあると思います。
そうなると服は綺麗なままで、なかなか捨てる気持ちにはなれません。
しかし、服の処分方法は捨てるだけではありません。
ただ、クローゼットの中に収納しておくことのでは損をしているかもしれません。

捨てることへの罪悪感

捨てることに罪悪感がある場合は、なかなか厄介です。
もし、誰かにもらった物であれば、捨てるのは申し訳ない気持ちが、どうしても出てきてしまうでしょう。
誰かからもらった服であれば確かに捨てにくいのは仕方ないですが、どれもこれももらった服ではないはずです。

思い出から捨てられない

着なくなったとしても、思い出があって捨てられない、ということもあるでしょう。
初めての給料で買った服や、苦労して手に入れた服など、購入までの経緯を考えると確かに捨てられません。

もったいない、いつか着るかも

もったいないから、という気持ちは捨てられない理由の代表と言えるのではないでしょうか。
着なくなった服も、いつかは着るかもしれない、という気持ちから捨てずにいる人は少なくないでしょう。
しかし「いつか着るかもしれないし、もったいない」と思っていたとしても、その「いつか」は本当にくるのでしょうか。

実はこれ「損失回避」と「授かり効果」という心理が働いているのです。
損失回避は、人は得することよりも損することを回避するように考えることです。
授かり効果は、自分が持っているものを高く評価し、手放したくないと考えることです。
確かに捨ててしまったことで、後悔したくないと思ってしまいますよね。

捨てるタイミングや基準を決める

服を捨てられないのは、様々な理由があり、簡単に捨てるのは難しいでしょう。
服を捨てられないのであれば、何か捨てるタイミングや基準を決めてすまうのはどうでしょうか。

1年以上着ていなければ捨てる

1年も着ていないのであれば、どのシーズンでもその服を着ていないと考えられます。
それに、1年も経てば趣味や流行りも変わっている可能性が高いとも考えられます。
また「いつか着るかも」と思っても、振り返ってみれば「いつか」は、訪れなかったことの方が多いのではないでしょうか。

買ったら捨てると決めておく

買い続けてしまえば、いくらスペースがあっても足りません。
だとしたら、ひとつ買ったらひとつは捨てる、と決めておくと良いかもしれません。
色々な気持ちが邪魔をするかもしれませんが、ルールだと決めてしまえば決断できるかもしれません。

似た服は選んで処分する

気付いたら似た服ばかり買っていたことはないでしょうか。
趣味は偏ることがあるので、似たような服がいくつも、ということは少なくはないでしょう。
同じ色の同じジャンルの服があれば、どれか一つに選びましょう。

服の処分方法は捨てるだけではない

服を捨てる、と考えてしまうから、なかなか処分できずに溜め込んでしまうのかもしれません。
服を処分してクローゼットの中を整理する方法は、何も捨てるだけではありません。

不用品回収業者に買取依頼

不用品回収業者であれば衣服を買取ってもらうこともできます。
買ったのにあまり着ることがなく、綺麗な服であれば買取価値が高いかもしれません。
服を処分するのがもったいない、という気持ちも売ることでお金になるのであれば、納得できるのではないでしょうか。
また、リサイクルショップを利用するのも良いでしょう。

誰かに譲る

衣類を捨てることに抵抗があるのなら、親しい人に譲るのはどうでしょうか。
捨てるのではなく、家族や友人などに譲るのであれば抵抗感も薄れるかもしれません。
また、それが喜んでくれる相手であれば、捨てられない気持ちも断ち切れるでしょう。

寄付をする

服の寄付を受け付けているボランティア団体やサービスは少なくありません。
寄付した服が国内だけではなく、もしかしたら海外で喜ばれるかもしれないと思えば、捨てる勇気も湧くと思いませんか。

「捨てられない」は悪いことじゃない

服に限らず、捨てられないことは悪いことではありません。
物を捨てるということは、環境に悪影響を与える恐れがあるからです。
しかし、物を捨てないことは生活に支障が出てしまうのも確か。
だとしたら、服を捨てられないのであれば、感情が邪魔をしない方法で処分することを検討してすると良いかもしれません。
また、不用品を回収してリユース・リサイクルを行うサービスは数多く存在してるので、ぜひそちらも探してみください。

関連記事はこちら

関連タグ