• エコトピア
  • その他
  • 【第4回 裏トピア】ミニマリストってなに?ついでに人の幸せってなに?

【第4回 裏トピア】ミニマリストってなに?ついでに人の幸せってなに?

【第4回 裏トピア】ミニマリストってなに?ついでに人の幸せってなに?

こんにちは。
フランシス硝子です。

皆さんミニマリスト、という言葉をご存知でしょうか。
ひたすらにモノを減らす人たち、ということかと思ったら、そうではないようです。

今回はミニマリストとは何者で、ついでに人の幸福ってなに?というお話です。

今回の裏トピアは幸せについて?

登場人物

フランシス硝子:常に人の幸せを考えるライター。最近の悩みはどんなに人の幸せを願ったところで、自分が幸せになれないのだから、他人のことを考えている場合じゃない、という悪魔の声が聞こえ始めたこと。

Tディレクター:エコトピア編集部のディレクター。特に良いことがあるわけではないが、最近の自慢できることは常にポジティブであること。ちなみに好きな子に何度か電話をしてみたが、いずれも虚しくコール音が鳴り続けただけだったらしい。

エコトピア編集部 オフィス

幸せとは、自由とは何でしょうか。

え、なに? 哲学とか、そう言うのは苦手だからね。

そんなことは百も承知ですが、

Tさんを見ていると、たまに思うのですよ。

逆に幸せそうだな、って。

逆にって、どういうこと? 普通に幸せだよ、僕は。

毎日平和だし、特に不運なこともないしなぁ。

私はですね、Tさん。

幸せというものは、何かしらの欲があって、それを達成した瞬間だと思うのですよ。

そして、その欲とは人間のみが獲得できた知識によって生まれ出るものです。

知識があるから、あれが欲しい、これが欲しい、と思うわけですからね。

しかし、Tさんには欲と言える欲がない。

欲の発生源がないからです。

(遠回しにバカって言われているような……)

どうせ、欲しいものなんてないでしょう。

あっても、せいぜいワイヤレスイヤホンくらいで、

ネットで買うか店舗で買うか、それを迷っている程度の話に違いありません。

(なんで知っているんだ…)

好きな食べ物も、どうせカレーとか唐揚げとか、その程度。

食べようと思えば、いつだって食べれるものなんですよ。

つまり、すぐ満たせる程度の欲しか発生しないのです。

その欲の発生源も小さいから。

………

その年で独り身なのも「別に一人の方が楽だし」とかいう理由でしょう?

物欲も食欲も、人の温かみですらTさんは不要なわけですよ。

それなのに貴方は日々が平和で幸せだと言う。

エコと言えばエコです、貴方は。

ミスターエコトピアと言っても良いくらいエコです。

つまり私が言いたのは、

知識を獲得するための容量が少なくても、些細なことで幸せを感じられる、

Tさんみたいな人こそ、幸せなんじゃないか、と

…………

………

終わったかな?

はい。

えーっとだね、要約すると、硝子ちゃんは今、食べたいものがあって、欲しいものもある。

でも、簡単にはそれらを得ることができない。

きっと、お金がないとか、そういう理由だろうね。

……概ね、その通りです。

そんでもって、恋人もほしいわけだ。

!?

それも上手く行ってない。

だから、幸せとは何かとか、らしくもなく考えているわけだね。

!!??

だ、誰がそんなことを!

人の温かみがどうとか言ってたじゃん。

つまり、そう言うことでしょ?

あわわわ……

はっ、口では尤もらしいこと言うけどさ

硝子ちゃんは結局のところ、まだまだ大人になり切れてないよ。

いや、まだまだ子供と言っても良い。

ちょっと口が達者で生意気な子供でしかないね。

幸せが何かとか、生きている価値だとか、考えている時点で負けなんだよ。

そんなことを考えている暇があったら、

今この瞬間の喜びを掴むために努力するべきなんだよ。

僕は確かに無趣味で無個性な人間かもしれないけど

今この瞬間を精一杯楽しもうと努力しているつもりだよ。

どうせ、硝子ちゃんはそんな努力もせずに

ただ、うじうじ考えて、自分より幸せそうなやつに

ケチを付けたいだけなんだろ?

そんな拗ねた子供みたいな考え、ちゃんちゃらおかしいね!

………

(これが完勝というやつか)

(大人げないかもしれないが、完膚なきまでの勝利だ)

(ぐうの音も出ない、という言葉を硝子ちゃんは噛みしめているだろうな)

(ちょっと可哀想だから、今月ピンチだけど焼肉くらい奢ってやろうかな)

……Tさん。

なんだい?

つまり、それって

将来のこと何も考えてない、ってことですか?

!?

もしくは、本当は未来が不安で仕方ないけど

刹那的に生きる、みたいなカッコイイ言葉を盾にして、自分を誤魔化してませんか?

!!??

不安なら不安で良いですよ。

今の自分が愚かしいと認めれば良いじゃないですか。

その上で、今後どのように生きて行けば良いのか。改めて考えてみましょうよ。

……ぐう

わかったよ。これで痛み分けということにして、

そろそろ今回のテーマについて話そうか。

わかりました。

(大して凹んでるわけでもないようだし、焼肉は奢らなくても良いか)

あ、ただ年下のか弱い乙女に対して暴言を吐いた罪を償う意味でも

焼肉くらい奢ってください

(……なんだろう。心を読まれているのかな)

ミニマリストってなに?

硝子ちゃんは「ミニマリスト」って言葉を知っているかい?

もちろんです。

やたらと自分の持ち物を捨てて、

何もない部屋を見渡しては満足し、

その光景をSNSやブログに掲載することで、

読者からのコメントを楽しみにする。

コメントをもらったときの快感を忘れられず、

明日は何を捨てるかってことだけを考えている人のことですよね?

つまり、アイデンティティーもなく、無趣味すぎるがゆえに、

個性獲得のため「ミニマリスト」なんて称号が欲しくて、

カリスマブロガーのマネをしては、自分も凄いことをしている気になってる人たちです。

はいはい。そうね。いるんだよ、そういう間違った解釈をしている人が。

違うんですか?

違うね。中には、そういう行き過ぎた人もいるかもしれない。

でも、ミニマリストって言うのは、

本来は必要最小限の物だけで暮らす人のことをミニマリストって言うんだよ。

大量生産・大量消費の現代で、無駄に所有物を増やしてしまう人は多いからね。

無駄に求めたり、無駄に所有したりすることなく、少ないものだけでも十分豊かに暮らせるぞ、って人たちがミニマリストなんだよ。

テレビやインターネットの力で、

多くの人が、多くのものに囲まれて、満たされようとしてしまう。

でも、それは逆に大切なものを見失ってしまう恐れもあるんだ。

さっき、硝子ちゃんが言っていたように

無駄に多くを求めてしまうから、それが逆に負担になってしまうんだ。

ミニマリストは無駄に求めず、本当に大事なものだけを見極めて、

本当の幸せを再認識できるんだ。

つまり、環境にも優しく、エコでありながらも、幸せを追求できるってことだよ。

ほぅ。珍しく得意気に説明してますね。

僕、片付けとか好きだからね。

ミニマリストについては、ちょっと詳しいんだよ。

この前も、ミニマリストの第一人者として知られる、〇〇さんの本も買っちゃってさ、

僕なんてまだまだって思い知らされちゃったよ。

それにね、その本に書いてあった画期的な収納術があってさ、

試したら、さらに部屋綺麗になっちゃったよ!

あとね、クローゼットについても――ペラペラペラペラッ

Tさん。

ペラペラペラペラッ

Tさんってば。

ペラペラペラペラッ、だから硝子ちゃんも試してみると――ん?

なんだい?

あのですね、

今日はこの辺で終わりにしましょう。

(興味がないとコレだよ)

幸せってなに?

しかしですね、Tさん。

実際のところ幸せってなんでしょう。

求めるから不幸になるような、

求めたからこそ幸福になるような、

私はどちらかと言うと物欲がある方だと思いますが

Tさんみたいにちょっとしたことで十分に喜びを感じる生き方も

羨ましいと思ったりするわけですよ、皮肉とか抜きにして。

そうだね~。

色々な人が色々な価値観を持つように、

幸せについても、やっぱり人それぞれだからね。

お金が一番って人もいれば、趣味が一番の人もいるし、

こうして生きているだけで、十分な幸せだと思う人もいる。

でもね、誰しもそれぞれの苦労を持っていると思うんだ

その苦労というトンネルを突っ走って、

突っ走って突っ走って突っ走った先に見えた光こそが、幸福なんじゃないかな。

スマホ ピロリローンッ!

その先の景色は、各々違うと思うけどね

トンネルをどれだけ本気で突っ走れたかによって

スマホ チラッ

人の人生や幸福の価値って変わると思うんだよ。

………

って、聞いているかい?

………

あれ?

……ニコニコッ

(なんだろう、硝子ちゃんの表情がいつもと違う)

Tさん。

はい?

大変興味深いお話、ありがとう御座いました。

私、ちょっと用事ができたので、今日はここで失礼します。

う、うん。

それでは。バタンッ

………

………

(なるほどね)

(世の中、価値があると言われるものは数多く存在するけれど)

(そんなものよりも)

(愛しい人からの一言の方が)

(何よりも価値があると思える瞬間が、人にはあるんだな)

(………)

(いつもと違うパターンで終わるのに)

(誰も突っ込んでくれないって)

(寂しいんだね)

今回の記事の詳しい内容はこちらから 第1回裏トピアはこちらから

関連記事はこちら

関連タグ