ゴミ問題が与える自然・環境へ影響は?3Rを意識しよう

ゴミ問題が与える自然・環境へ影響は?3Rを意識しよう

文明や経済が発展したことで、人間の暮らしは便利で豊かなものになりました。
しかし、その裏側では大量のゴミが発生し、それが自然や環境に悪い影響を与えています。

私たちが出すゴミがどれだけ悪い影響があるのか、普通に生活していてはなかなかイメージができません。
いったい、私たちが出しているゴミは、自然や環境に対してどのような悪影響を与えているのでしょうか。

多くのゴミ問題

ゴミ問題と一言で言っても、実は多くの問題があります。
それはゴミの処理方法や、ゴミの種類によって、発生する問題は様々なのです。
どのような問題があるのか一つずつご紹介します。

不法投棄の問題

日本には「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」があります。
これはゴミの排出を抑制し、適正に分別、保管、再生、処分をすることで生活環境を清潔にすることが目的の法律です。
この法律で決められた処分場以外の場所にゴミを捨ててしまうことを不法投棄と言います。

不法投棄はゴミの処理費用を抑えるためや、違法な物質を処理するために行われます。
もちろん、事業ゴミや家庭ゴミが不法に投棄されるケースもあります。
不法投棄は土壌汚染や水質汚染などの環境汚染の原因となり、投棄された場所の原状回復に大きな費用がかかるなど、たくさんの問題を抱えています。

海洋投棄の問題

1950年代の日本では、都市部で集めた屎尿を海洋投入することで処分することが主流でした。
東京湾には屎尿による黄色い帯が発生し、黄河と称されていたそうです。
その後、国際社会で海洋投入による海洋環境への負荷が認識されたことで、ロンドン条約と言われる、海洋汚染を防止する条約が作られました。
日本もこのロンドン条約に従い、国内法規を整備することで、2007年に海洋投入を廃止しました。

しかし、海洋投棄の問題は、世界的に見るとまだまだ解決したとは言えず、数々の海洋ゴミ問題が残っている状態です。
海に捨てられたゴミは、もちろん環境に悪影響を与えます。
生物が誤食する、海浜植物の育成を阻害、海底のヘドロ化など、懸念される問題は多く存在します。
軽い気持ちで海にゴミを捨てることは絶対にしないよう注意しましょう。

医療廃棄物の問題

医療行為により排出されるゴミは使い捨てのものが多いため、とても多いゴミの一つです。
医療廃棄物には、血液や体液が付着したものや、手術で除去した肉体の一部など様々な種類があり、中には病原体に接触した恐れがあるものも存在することから、生物学的な危険や、化学薬品による環境破壊の危険があります。
もちろん、廃棄については規制があり、昔に比べると改善はされていますが、医療廃棄物の不法投棄の問題が完全になくなるわけではありません。

焼却炉の問題

日本は焼却炉の数が世界で一番多い国であることをご存知でしょうか。
多い時期には、世界の焼却炉の7割が日本に存在していました。
これは日本の国土の狭さが関係し、埋め立てる土地がない日本では、まずゴミを燃やして灰にする必要があるためです。

そして、この焼却炉が燃やすゴミによって排出されるダイオキシンの問題、CO2排出による温暖化についても問題とされています。
ダイオキシンは塩素化合物を含んだプラスチックが低温で燃やされると発生します。
1999年に日本では「ダイオキシン類特別対策措置法」が施行され、ダイオキシン排出の規制が行われました。

最終処分場の問題

燃やしたゴミから発生した灰を最終的に捨てる最終処分場。
この最終処分場は数が限られているため、残余年数が残りわずかだと言われています。
最終処分場がいっぱいになってしまえば、ゴミを捨てる場所がなくなり、日本はゴミで溢れてしまうかもしれません。
また、最終処分場で処理したはずの有害物質が環境中に拡散してしまう問題も見られ、最終処分場が水源地に近い場所にある場合は、有害物質が溶出して周囲を汚染してしまう恐れもあります。
関連記事:【かなりヤバイ!】最終処分場が限界でゴミを捨てられなくなる!

ゴミが増える理由

なぜ、ゴミは増え続けるのでしょうか。
人口の増加はもちろんのことですが、日本は1960年頃から1975年頃の高度成長期から大量生産と大量消費の社会へと変わったと言われています。
家電製品やファッションなどは次々と新しいものが登場し、古くなったものは不要になってしまいます。
多くの広告が新しいものを買うように宣伝し、最新のものを手に入れるよう促され、結果的に古いものは捨ててしまうのです。

他にも、多くの物が低価格で手に入ることから、捨てることへの抵抗がなくなったこともあるでしょう。
簡単に物を捨ててしまう意識を変えなくては、近い未来に日本はゴミに埋もれてしまうかもしれません。

3Rを意識してゴミ問題を改善

江戸時代、江戸の人口はロンドンの85万よりも多い100万人以上だったそうです。
それでも、ロンドンやパリよりも清潔な町であったと言われていました。
江戸時代では日本は鎖国を行っていたため、外国からの輸入をなしに、すべての資源を国内のもので賄っていました。
そのため、資源や廃棄物を再利用する回収業者や修理業者が多く存在し、高度なリサイクル社会が成立していたそうです。
関連記事:理想的なエコ社会!江戸時代のリサイクル技術が素晴らしい

私たちも3Rを意識して、ゴミを減らせるように意識する必要があるでしょう。
ぜひ、これを機会に考えてみてください。

関連記事はこちら

関連タグ