タバコのポイ捨ては環境に大変な影響を与える!吸い殻による汚染とは

タバコのポイ捨ては環境に大変な影響を与える!吸い殻による汚染とは

仕事の合間に、息抜きとしてタバコを吸う人は少なくありません。
しかし、タバコがある限り問題として取り上げ続けられるのが「ポイ捨て」の問題です。
タバコのポイ捨てはどのような環境へ影響を与えているのでしょうか。
タバコによる環境問題・環境汚染をご紹介します。

世界中で捨てられるタバコの吸い殻

世界中でどれだけタバコの吸い殻が発生しているかご存知でしょうか。
イギリスの健康推進団体であるASH(Action on Smoking and Health)の調査によると、
世界中で毎年、約6兆個のタバコの吸い殻が発生し、そのうち4兆5000億がポイ捨てされているそうです。
タバコは一つ一つが小さいため、もしかしたら「この程度は何の問題にもならない」と思って、ポイ捨てをしてしまうかもしれません。

しかし、世界中でこれだけタバコのポイ捨てがあると思うと、そうは言っていられないのです。
タバコを吸う一人一人が、責任を持って吸い殻を処理する必要があるでしょう。
実際に、タバコはとんでもない環境汚染の原因を作っているのです。

タバコの海洋汚染はプラスチック並み

多くの環境問題の中でも、プラスチックごみの問題が話題になっています。
エレン・マッカーサー財団の調べによると、2050年には海の魚の量より、プラスチックごみの量が多くなる、と言われるほど深刻な問題です。
プラスチックのストローを廃止する動きや、レジ袋の有料化などが、プラスチック問題の代表例とも言えるでしょう。

そのプラスチック問題に、タバコのポイ捨ても大きく関わっています。
なぜなら、タバコのフィルターはプラスチックの粒子で作られているからです。
ポイ捨てされたタバコは、雨が降ると下水溝に流れ、河川を辿って海へと移動します。
そこで、マイクロプラスチックとして猛威を振るうのです。

タバコによる環境汚染

ポイ捨てされたタバコの中には、ニコチンの他にも、ヒ素や鉛、銅、クロム、カドミウムなどが含まれます。
これらの成分は、タバコの栽培に使われる殺虫剤・除草剤の成分や、タバコをくるむ紙を漂白するときに使われる薬剤が残ったと考えられています。
中でもヒ素は猛毒の物質です。
これらの有害物質が、分解されにくいタバコのフィルターに乗って、自然界に拡散してしまいます。
タバコによって、有害物質が自然界を汚染し、魚を始めとする動植物の体内に入り込み、食物連鎖に影響を与えるのです。

そうなれば、人間にもタバコの害が戻ってくることは安易に想像ができます。
健康に悪い、と言われるタバコですが、吸わなければ関係ないとは言えません。
また、誰にも迷惑をかけずにタバコを楽しんでいる、と思ったらそうではないのかもしれないのです。

タバコを考え直してみよう

最近では、愛煙家たちにとっては生きにくい世の中になってきた、と聞こえてきます。
タバコの増税や喫煙スペースの縮小など、確かに愛煙家にとって肩身が狭くなる一方かもしれません。
しかし、タバコは人の健康を損なう恐れがある、だけではありません。
世界中の環境、生態系に関わってくる問題かもしれないのです。
もし、禁煙を検討しているのであれば、この機会にやめてしまうのも良いかもしれません。
環境汚染を止めるのは、貴方の決断一つかもしれません。

あわせて読みたい

関連タグ

カテゴリー

人気の記事

  • 最近
  • 先月
  • 全て

人気のタグ

おすすめの記事

スペシャルコンテンツ

関連リンク