クリスマスは環境を破壊している?問題点とエコな過ごし方とは

クリスマスは環境を破壊している?問題点とエコな過ごし方とは

今年もクリスマスシーズンがやってきました。
街並みが普段よりも煌びやかになるクリスマスシーズンは、いつもより賑やかで楽しいことで溢れているようです。
そんな多くの人が楽しみにしているクリスマスですが、環境に悪いのでは、という意見も少なからずあるようです。
クリスマスのどのような部分が環境を悪くしてしまうのでしょうか。
環境に優しいクリスマスを過ごすためにも、ぜひ知っておきましょう。

クリスマスが環境を破壊?

多くの人が楽しみにしているクリスマスですが、環境を破壊している側面があるようです。
クリスマスと言えば、イエス・キリストの誕生を祝うものですが、日本でも大きなイベントであるように捉えられています。
そのため、クリスマスは大変な経済効果があります。
そして、経済効果があるということは、多くの人が消費をしている、と言い換えることもできます。
具体的にはどのような消費があり、どのように環境破壊とつながるのでしょうか。

プレゼントの包装

クリスマスと言えばプレゼント。
子供の頃、12月になるとプレゼントのことを考えて、頭が夢いっぱいになった記憶はないでしょうか。
そんなプレゼントは、クリスマスらしさを表すように、綺麗に包装することが多いでしょう。
過剰な包装は、必要以上に地球の資源を消費している恐れがあります。
包装は必要最低限にするように心がけるか、包装紙を取っておいて再利用することで、無駄を出さないようにしてみましょう。

多くの食べ残し

クリスマスはたくさんの料理を並べて、盛大にパーティーを行いたい、という人も少なくはないでしょう。
また、恋人や子供たちのために料理の腕前を存分に振る舞いたい、たまには外食して贅沢したい、など何を食べるかということもクリスマスの楽しみではないでしょうか。
しかし、大量に作り過ぎてしまって食事を残してしまったら、多くの無駄が出てしまったことになります。
食事にも多くの資源が費やされているため、それを無駄にしてしまうのは、環境破壊につながると言えます。
食べ残しが出ないように、食材も必要なだけ買う、作り過ぎないことを心がけてみましょう。

過剰なイルミネーション

クリスマスシーズンは色鮮やかなイルミネーションが街を飾ります。
景色がいつもと変わり、カラフルな光に溢れる様は大変美しく感じられます。
しかし、これには大量の電力を消費しています。
過剰な光による問題を光害と言い、人体に悪い影響を与えることもあるようです。
最近では、LEDやソーラー発電を利用することで、エコなイルミネーションであることをアピールすることもあるようですが、LEDの普及によってイベントが多くなることや、個人住宅にもイルミネーションが飾られることも増え、以前よりもエネルギーが増えてしまったとも言われています。
このような過剰なエネルギーの消費は、ヒートアイランド現象や地球温暖化の進行につながると考えられます。

クリスマスツリー

アメリカでは、クリスマスの時期になると、生木によるツリーが大量に生産されます。
これは毎年新たに買い替えられているため、無駄な消費と言えるのではないでしょうか。
プラスチックで作られたツリーもありますが、生木とどっちが環境に良いのかは、何とも言えないようです。
プラスチックのツリーであれば、20年ほど使うことで、生木を購入するよりも環境負荷が低いと言われているそうですが、、プラスチックのツリーの寿命は5年ほどとも言われています。
生木を購入するのであれば、根がつたものを購入して翌年も使用できるように管理すると良いでしょう。
また、クリスマスツリーとして使われた木は、使用後に農場に戻すなどリユースすることや、リサイクルする試みもあるようです。
他にもクリスマスツリーのレンタルもあるようなので、もしツリーが必要な場合は、そのようなサービスを利用すると良いかもしれません。

地球に優しいクリスマスを

楽しいクリスマスですが、地球に優しい過ごし方を心がけると良いでしょう。
環境保全団体のWWFは環境に配慮したクリスマスを「グリーンクリスマス」と表現し、そのために必要な10個のアクションを提言しました。
参考:WWFジャパン 「グリーンクリスマス」までにしたい10のこと
何から何まで考え過ぎてしまうと、クリスマスを楽しめなくなってしまうかもしれませんが、実際に配慮できることも少なくはないでしょう。
クリスマスを楽しむ前に、少しだけでも、環境へ配慮できることがないか考えてみてください。

関連記事はこちら

関連タグ